コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラ地峡 クラちきょう Isthmus of Kra

5件 の用語解説(クラ地峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラ地峡
クラちきょう
Isthmus of Kra

マレー半島の最狭部。タイ南部,ラノーン県とチュムポン県に属する。最も狭いところは 50kmに達しない。スズの産地としても有名。古くからアンダマン海とタイ湾を結ぶ道として利用された。 1973年,アメリカフランス,日本,タイが合同で原子爆弾による運河開削を提案したが,のち中止となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クラ‐ちきょう〔‐チケフ〕【クラ地峡】

Isthmus of Kra》東南アジア、マレー半島の最峡部の地峡。タイ南西部とミャンマー南端の国境に近く、西のアンダマン海と東のタイランド湾を隔てる。幅約40キロメートル。古くからマラッカ海峡を迂回する運河建設の構想が立てられているが、実現に至ってない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クラ地峡【クラちきょう】

マレー半島北部の地峡で,タイ南部とミャンマー南端の国境地帯に当たる。東西の幅は最狭部で約40km,地勢はほぼ低平。このため古来シャム湾からアンダマン海(インド洋)へ抜ける東西交通路として重要な意義があったことが考古学上からも実証されている。
→関連項目タイ湾地峡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クラちきょう【クラ地峡 Kra Isthmus】

マレー半島北部の地峡。タイ南部にあたり,ミャンマーとの国境に近い。最も狭い所は40kmで,ベンガル湾とシャム湾をへだてている。この地峡は古代からマレー半島横断地点として利用された。近代になって,イギリス,アメリカ,日本などで,この地峡を横断する運河開削計画がしばしば論じられている。【田辺 繁治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラ地峡
くらちきょう
Isthmus of Kra

東南アジア、マレー半島北部のタイ南西部とミャンマー(ビルマ)南端とが接する国境付近にある地峡。マレー半島でもっとも幅が狭く、最狭部約40キロメートル。西岸のアンダマン海側のパクチャンから、東岸のタイランド湾側のチュンポンへ向けて低地および河川があり、分水嶺(ぶんすいれい)もそれほど高くない。この立地条件から、マラッカ海峡を迂回(うかい)する航路を短縮するための運河を建設する候補地となっている。[大矢雅彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラ地峡の関連キーワードマレーシアマレー半島ペナン島クダクランタントレンガヌバトゥフェリンギペナン植物園ペナンヒルラルート

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone