コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリスタラー クリスタラー Christaller, Walter

3件 の用語解説(クリスタラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリスタラー
クリスタラー
Christaller, Walter

[生]1893.4.21.
[没]1969.3.9.
ドイツ地理学者。エアランゲン大学でグラドマンの弟子として都市地理学の研究に従事した。 1933年に発表した『南ドイツにおける中心地』 Die zentralen Orte in Süddeutschlandは当時あまり注目されなかったが,50年代の地理学に大きな影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クリスタラー【Walter Christaller】

1893‐1969
ドイツの地理学者。シュワルツワルトの牧師の家(母は小説家)に生まれ,地図の好きな少年として成長したが,1913年ハイデルベルク大学では経済学を専攻し,A.ウェーバーに学んだ。しかしまもなく第1次世界大戦に従軍して負傷し,エルランゲン大学(経済学)を卒業したのは30年であった。その後も同大学の地理学者R.グラートマンの講義を聴き,《南ドイツの中心地》(1933)を学位論文として提出した。それは,都市の数・規模・分布や都市と農村間の機能的関係について経済理論を用いて説明したものであったが,当時の地理学からはあまり評価されず,むしろ,発足まもない国土計画調査機関に認められ,第2次大戦中,40年ころよりドイツ軍の東方占領地区(ポーランド)の集落計画に従事した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クリスタラー【Walter Christaller】

1893~1969) ドイツの地理学者。都市の成立と立地の関係を説く立地論を提唱。著「都市の立地と発展」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリスタラーの関連キーワードシュワルツシルト半径シュワルツの不等式シュワルツワルトフライブルクコーシー=シュワルツの不等式シュバルツバルトシュバルツシルト半径シュワルツシルトの線素シュワルツワルト・ヘーガウ合同農民団ワイル=シュワルツの補題

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone