コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリップス Cripps, Sir Richard Stafford

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリップス
Cripps, Sir Richard Stafford

[生]1889.4.24. ロンドン
[没]1952.4.21. チューリヒ
イギリスの政治家。ロンドン大学で化学を専攻。叔母が社会主義者として高名な B.ウェッブであったため,早くから社会主義に関心をもった。 1931年労働党下院議員。 39年に挙国内閣を提唱して党から除名された。 40~42年ソ連駐在大使,42年クリップス・ミッション団長としてインド派遣。 42~45年航空機生産相。 45年労働党への復帰が認められ,同年商相。 46年再度インド派遣使節団長。 47年経済相。 47~50年蔵相としてイギリスの経済復興に尽力したが病気のため辞任

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クリップス

英国の政治家ロンドン大学卒業後,法廷弁護士の資格を獲得。1930年第2次マクドナルド内閣の法務次官を経て1931年下院議員となる。翌1932年結成された社会主義連盟指導者としてとみに左傾化し,極左的な人民戦線を主張したため,1939年労働党を除名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クリップス【Richard Stafford Cripps】

1889‐1952
イギリスの政治家。ビアトリス・ウェッブの甥。ロンドン大学卒業後,法曹界に入る。第2次マクドナルド労働党内閣法務次官を経て,1932年設立の社会主義連盟の指導者として活躍する。緊急権限法や一時的独裁など左派戦術を唱え,統一・人民戦線運動の先頭に立つ。39年党を除名されるが,第2次大戦中駐ソ大使,国璽尚書,航空機生産担当相を歴任した。45年労働党に復帰し,アトリー内閣で経済相,蔵相をつとめ,インド独立に関与,経済危機には〈耐乏〉の犠牲精神を説いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クリップスの関連キーワードクリップス(Sir Richard Stafford Cripps)スベルドラップ(Harald Ulrik Sverdrup)ムンク(Walter Heinrich Munk)ハワード(Roy Wilson Howard)アルバート・ジョセフ・マリア デファントエドワード・デービッド ゴールドバーグバッファロー・フィルハーモニー管弦楽団リフタスフェルトの文化的及び植生景観スクリップス=ハワード系新聞グロマー・チャレンジャー号H.U. スベルドルップシカゴ・トリビューンニューヨーク・サンハーモン クレイグツィンカーナーゲルイェルク デームスイワトビレイヨウクリップス使節団ロンドン交響楽団スベルドルップ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリップスの関連情報