コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリフト クリフト Clift, Montgomery

3件 の用語解説(クリフトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリフト
クリフト
Clift, Montgomery

[生]1920.10.17. ネブラスカオマハ
[没]1966.7.23. ニューヨーク
アメリカの舞台・映画俳優。主演作品『陽のあたる場所』 (1951) ,『地上より永遠に』 (53) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クリフト【Montgomery Clift】

1920‐66
アメリカの映画俳優。ネブラスカ州のオマハに生まれるが,不幸な結婚生活を送った母の執念で,子どものころから外国旅行を重ねてヨーロッパの〈教育〉を身につける。アマチュア劇団の子役として出発し,アルフレッドラントに師事してブロードウェーで認められたのち,《山河遥かなり《赤い河》(ともに1948)でハリウッドの〈ニュースター〉となり,《女相続人》(1949),《陽のあたる場所》(1951),《地上より永遠に》(1953),《若き獅子たち》(1958)などで,価値観が変わった1950年代アメリカの観客にこたえる新しいタイプヒーロー,いわゆる〈リベラル・ヒーロー〉を代表するスターの一人となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリフト
くりふと
Montgomery Clift
(1920―1966)

アメリカの俳優。ネブラスカ州生まれ。1935年より少年スターとしてブロードウェーにデビュー、演技力の確かな二枚目として40年代前半は舞台で活躍した。48年に『赤い河』で映画界入りし、陰影に富んだ美貌(びぼう)と着実な演技力で、『陽(ひ)のあたる場所』(1951)、『地上(ここ)より永遠(とわ)に』(1953)、『荒馬と女』(1961)などに名演技を残す。[畑 暉男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリフトの関連キーワードオマハキャザーネブラスカアメリカの夢アメリカ アメリカアメリカの影映画に愛をこめて/アメリカの夜アラスカ州立大学マタヌスカ氷河ネブラスカ[州]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クリフトの関連情報