コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリフト Clift, Montgomery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリフト
Clift, Montgomery

[生]1920.10.17. ネブラスカオマハ
[没]1966.7.23. ニューヨーク
アメリカの舞台・映画俳優。主演作品『陽のあたる場所』 (1951) ,『地上より永遠に』 (53) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クリフト【Montgomery Clift】

1920‐66
アメリカの映画俳優。ネブラスカ州のオマハに生まれるが,不幸な結婚生活を送った母の執念で,子どものころから外国旅行を重ねてヨーロッパの〈教育〉を身につける。アマチュア劇団の子役として出発し,アルフレッド・ラントに師事してブロードウェーで認められたのち,《山河遥かなり》《赤い河》(ともに1948)でハリウッドの〈ニュースター〉となり,《女相続人》(1949),《陽のあたる場所》(1951),《地上より永遠に》(1953),《若き獅子たち》(1958)などで,価値観が変わった1950年代アメリカの観客にこたえる新しいタイプのヒーロー,いわゆる〈リベラル・ヒーロー〉を代表するスターの一人となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリフト
くりふと
Montgomery Clift
(1920―1966)

アメリカの俳優。ネブラスカ州生まれ。1935年より少年スターとしてブロードウェーにデビュー、演技力の確かな二枚目として40年代前半は舞台で活躍した。48年に『赤い河』で映画界入りし、陰影に富んだ美貌(びぼう)と着実な演技力で、『陽(ひ)のあたる場所』(1951)、『地上(ここ)より永遠(とわ)に』(1953)、『荒馬と女』(1961)などに名演技を残す。[畑 暉男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クリフトの関連キーワード(アルフレッド)・ブライアン ピパード住友ナコ マテリアル ハンドリングリチャード ファーンズワースニチユ三菱フォークリフトフィリップ カウフマンニュールンベルグ裁判豊田自動織機[株]豊田自動織機(株)タイタニックの最期ティー・シー・エム小松フォークリフトパレチゼーションテリー ファレルパレット(機械)アラン ベイツローラ殺人事件せきもとぶりきジミー ウッズフォークリフト豊田自動織機

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android