クルクミン

  • curcumin

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ポリフェノール一種カレー粉の主要スパイスであるターメリック(ウコン)に含まれる黄色色素。ウコン茶、カレー粉などに多く含まれる。肝機能を改善・回復させる働きをもつほか、解毒作用、胆汁分泌促進、抗酸化作用、老化防止、抗がん作用、殺菌作用による胃炎抑制などの作用がある。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

化学辞典 第2版の解説

1,7-bis(4-hydroxy-3-methoxphenyl)-1,6-heptadiene-3,5-dione.C21H20O6(368.37).ショウガ科ウコンCurcuma longa L.の根茎の色素.橙黄色の結晶性粉末.融点183 ℃.水,エーテルに不溶,エタノール,氷酢酸に可溶.アルカリに濃赤褐色に溶け,酸性にすると淡黄色となる.古来,絹また綿布の黄色染料として用いられ,また,カレー粉,沢庵(たくあん)漬の着色料としても重要である.ホウ酸塩の検出用試薬紙クルクマ紙(pH 域8~9)は,根茎のアルコール抽出液で沪紙を染めたものである.また,弱アルカリ性で水酸化ベリリウム,水酸化マグネシウムに吸着されて,黄赤色を呈することから,これらの物質の分析にも用いられる.[CAS 458-37-7]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクルクミンの言及

【ウコン(鬱金)】より

…これを粉末としたものがターメリックturmericと呼ばれる香辛料で,カレー粉の主原料となる。カレー粉の黄色はおもにターメリックによる色で,これには黄色の色素クルクミンcurcuminが含まれ,たくあん漬やバターなどの色づけにも使う。また漢方薬としても用いる。…

※「クルクミン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android