コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレド credo

翻訳|credo

デジタル大辞泉の解説

クレド(〈ラテン〉Credo)

《我は信ず、の意》ミサ典礼の式文の一。信仰宣言で、「私は唯一の神を信じる」の言葉で始まる。→ミサ曲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

人事労務用語辞典の解説

クレド

クレド(Credo)とは「信条」「志」「約束」を意味するラテン語で、企業活動の拠り所となる価値観や行動規範を簡潔に表現した文言、あるいはそれを記したツールを指します。
(2008/10/20掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

クレド【Credo】

ミサの式文の一。信仰宣言。「われは信ず、唯一の神」の句で始まる。
企業経営において、経営者や従業員が意思決定や行動の拠り所にする基本指針。 〔簡潔かつ具体的な表現を用いる点、作成や改訂に従業員が関与できる点、実務に直結する点などが、経営理念や社訓などと異なる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレド
Credo

ラテン語で「われ信ず」の意味で,キリスト教の種々の「信仰宣言」の冒頭の語。信仰宣言全体をもさし,信経 (→信条 ) と訳される。いわゆる「ニカイア信条」はミサの通常式文に採用され,ときに荘厳に歌われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレド
くれど
credoラテン語

ミサ典礼における聖歌の一つで、「われは信ず」の意。また、五つの通常文聖歌からなる多声ミサ曲の第3章をいう。すべての通常文聖歌のなかでもっとも長い歌詞をもち、もっとも遅く典礼のなかに採用された。[今谷和徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクレドの言及

【信条】より

…キリスト教の教義の要点を簡潔に述べた定式。〈信経〉,〈クレド〉(“われ信ず”のラテン語credoより)とも呼ぶ。聖書はキリスト教の教義を述べた文献ではない。…

【ミサ曲】より

…カトリック教会のミサの式文から〈キリエ〉(あわれみの賛歌),〈グロリア〉(栄光の賛歌),〈クレド〉(信仰宣言),〈サンクトゥス〉(感謝の賛歌),〈アニュス・デイ〉(平和の賛歌)の5曲一組で作曲したものをいう。以上のような通常式文のほかに,ミサの挙式日や目的などによって定められた固有式文を併せて作曲したものもある。…

※「クレド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クレドの関連キーワード知らんがためにわれ信ずテルトゥリアヌスコンシェルジュ社会主義的所有ペンデレツキジュラ山脈ミサ通常文レクイエム信仰箇条使徒信条アーメンケレド社訓

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クレドの関連情報