コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレーニヒ クレーニヒ Krönig, August Karl

2件 の用語解説(クレーニヒの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレーニヒ
クレーニヒ
Krönig, August Karl

[生]1822.9.20. ウェストファリア,シルデッシェ
[没]1879.6.5. ベルリン
ドイツ物理学者ボン大学に学ぶ。のち物理学に転じ,1845年ベルリンで学位取得。ベルリン物理学会創設会員 (1845) ,同書記 (48) として機関誌などの編集に活躍。またベルリンの王立工芸学校教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレーニヒ
くれーにひ
August Karl Krnig
(1822―1879)

ドイツの物理学者。ベルリン王立実業学校の教授を務めた。1851年に発刊された雑誌『諸外国の物理および物理化学』の編集と論文などのドイツ語訳紹介にあたり、また1855年からは年報「物理学の進歩」の編集者でもあった。1859年の論文「気体論の基礎」で、気体を完全弾性球の集まりと考え、確率論を適用してボイルゲイ・リュサックの法則やアボガドロの法則を導くことに成功し、その後のクラウジウスマクスウェルらによる気体運動論の展開の契機をつくった。[川合葉子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クレーニヒの関連キーワードウエストファリアウエストファリア条約ヴェストファール現象(臨床医学)ウェストファーレンウェストファリアウェストファリア体制ウェストファーレン,J.vonウェストファーレン・ウィルヘルム大学ウェストファーレン条約エディンガー=ウェストファル核

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone