コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレーニヒ クレーニヒKrönig, August Karl

2件 の用語解説(クレーニヒの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレーニヒ
クレーニヒ
Krönig, August Karl

[生]1822.9.20. ウェストファリア,シルデッシェ
[没]1879.6.5. ベルリン
ドイツ物理学者ボン大学に学ぶ。のち物理学に転じ,1845年ベルリンで学位取得。ベルリン物理学会創設会員 (1845) ,同書記 (48) として機関誌などの編集に活躍。またベルリンの王立工芸学校教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレーニヒ
くれーにひ
August Karl Krnig
(1822―1879)

ドイツの物理学者。ベルリン王立実業学校の教授を務めた。1851年に発刊された雑誌『諸外国の物理および物理化学』の編集と論文などのドイツ語訳紹介にあたり、また1855年からは年報「物理学の進歩」の編集者でもあった。1859年の論文「気体論の基礎」で、気体を完全弾性球の集まりと考え、確率論を適用してボイルゲイ・リュサックの法則やアボガドロの法則を導くことに成功し、その後のクラウジウスマクスウェルらによる気体運動論の展開の契機をつくった。[川合葉子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クレーニヒの関連キーワード柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩粗粒玄武岩三雲遺跡ペドロブラガンサ朝藩学一覧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone