コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロイゲ Sageretia theezans (L.) Brong.

2件 の用語解説(クロイゲの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クロイゲ【Sageretia theezans (L.) Brong.】

クロウメモドキ科の半常緑あるいは落葉でややつる性の低木。短枝が変形したとげを有し,枝は灰色で短い軟毛がある。葉は対生し,短い有毛の葉柄がある。葉身は広卵形で長さ2~3cm,こまかい鋸歯があり,革質で光沢がある。花は頂生または腋生(えきせい)する穂状花序につき,小型で黄色。花期は秋,黒熟する核果は2~3個の種子を有する。温暖地の海浜の向陽地に多く,四国,九州から南西諸島,中国大陸,さらにヒマラヤにまで分布している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロイゲ
くろいげ
[学]Sageretia thea (Osbeck) M. C. Johnst.

クロウメモドキ科の半常緑の低木で高さ2メートルに達する。枝は半つる性、灰黒色で刺(とげ)があり、若いときには灰色の毛がある。葉は卵形で長さ1~4センチメートル、質が厚く光沢があり、微細な鋸歯(きょし)があり、互生するが対生のようにみえる。花は黄色で、10月、円錐(えんすい)状花序に多数つく。果実は核果で、紅色ののちに黒紫色となり、食べられる。四国、九州、沖縄および中国、インドなどに分布する。クロイゲ属は十数種がアジアと北アメリカにあり、日本には本種1種のみ分布する。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロイゲの関連キーワード梅擬熊柳黒梅擬玄圃梨蔓梅擬浜棗黒つ薔薇核太棗風鈴梅擬ログウッド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone