コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロイツベルク Kreutzberg, Harald

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロイツベルク
Kreutzberg, Harald

[生]1902.12.11. リベレッツ
[没]1968.4.24. ベルン近郊
ドイツの舞踊家。 M.ウィグマン,R.ラバンに学び,表現主義舞踊の旗手であった。 M.ラインハルトのオペラ『トゥーランドット』や『夏の夜の夢』のパックなどに出演。 Y.ゲオルギや R.ページとアメリカを巡演したのち,自身のリサイタルを各地で催した。 1959年引退してからは,スイスのベルンに開設した自身の舞踊学校で後進の指導にあたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クロイツベルク

チェコ出身のドイツの舞踊家,振付家。ウィグマンらに学ぶ。1922年ハノーファー・バレエ団に入団,Y.ゲオルギー〔1903-1975〕のパートナーとして世界各地で公演した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロイツベルク
くろいつべるく
Harald Kreutzberg
(1902―1968)

ドイツの舞踊家。ボヘミアのライヘンベルグ生まれ。マリー・ウィグマンとマックス・テルピスに学ぶ。20世紀初期の表現主義的な「ドイツ・モデルネ・タンツ」を代表する一人。頭を剃(そ)り、不気味な存在感を漂わせた独特の風貌(ふうぼう)で、イボンヌ・ゲオルギと組んで世界各国を公演。わが国には1934年(昭和9)アメリカのルース・ページをパートナーに来日、『三つの狂態』『帝王の踊り』『反逆』などを上演した。55年にスイスのベルンに移り、舞踊教育に専心した。[市川 雅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

クロイツベルク

生年月日:1902年12月11日
ドイツの舞踊家
1968年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

クロイツベルクの関連キーワードアインシュテュルツェンデ・ノイバウテン移民労働者問題[ドイツ]ダニエル リベスキンドベルリン国際建築展アルヴァロ シザノイエ・タンツモダン・ダンス生年月日ベルリンミロス市川

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android