コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロイツベルク クロイツベルク Kreutzberg, Harald

3件 の用語解説(クロイツベルクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロイツベルク
クロイツベルク
Kreutzberg, Harald

[生]1902.12.11. リベレッツ
[没]1968.4.24. ベルン近郊
ドイツの舞踊家。 M.ウィグマン,R.ラバンに学び,表現主義舞踊の旗手であった。 M.ラインハルトオペラトゥーランドット』や『夏の夜の夢』のパックなどに出演。 Y.ゲオルギや R.ページアメリカを巡演したのち,自身のリサイタルを各地で催した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クロイツベルク

チェコ出身のドイツの舞踊家,振付家。ウィグマンらに学ぶ。1922年ハノーファー・バレエ団に入団,Y.ゲオルギー〔1903-1975〕のパートナーとして世界各地で公演した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロイツベルク
くろいつべるく
Harald Kreutzberg
(1902―1968)

ドイツの舞踊家。ボヘミアのライヘンベルグ生まれ。マリー・ウィグマンとマックス・テルピスに学ぶ。20世紀初期の表現主義的な「ドイツ・モデルネ・タンツ」を代表する一人。頭を剃(そ)り、不気味な存在感を漂わせた独特の風貌(ふうぼう)で、イボンヌ・ゲオルギと組んで世界各国を公演。わが国には1934年(昭和9)アメリカのルース・ページをパートナーに来日、『三つの狂態』『帝王の踊り』『反逆』などを上演した。55年にスイスのベルンに移り、舞踊教育に専心した。[市川 雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロイツベルクの関連キーワードノベレット膨れっ面レッツノートスノーレッツバイオハザード リベレーションズベレットレッツレッツ・ダンスフレッツリベレステ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロイツベルクの関連情報