クロソイ(英語表記)Sebastes schlegelii

世界大百科事典 第2版の解説

クロソイ【Sebastes schlegeli】

カサゴ目フサカサゴ科の海産魚。背びれ(きよく)が12本あるメバル属の魚で,同属キツネメバル,シマソイ,ムラソイなどによく似ており,一括してソイと呼ばれることもある。北海道南部以南の日本各地沿岸,朝鮮半島,中国にまで広く分布する。水深100m以浅の岩礁地帯やなどで生活する。体色は暗褐色で,不明りょうな黒褐色の横帯が4~5本体側にあり,またから斜め後方に2本の黒色バンドが走る。全長40cm余りになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロソイ
くろそい / 黒曹以
jacopever
[学] Sebastes schlegeli

硬骨魚綱スズキ目メバル科に属する海水魚。北海道以南の日本各地、樺太(からふと)(サハリン)南部、千島列島南部、朝鮮半島、中国などに分布する。涙骨(るいこつ)(目の前下方にある骨)の下縁に2、3本の鋭い棘(とげ)があること、目から斜め後方へ2本の黒色帯が走ること、尾びれの後縁の上下は白いことなどの特徴で、ほかのソイ類と区別される。5、6月にかけて全長5~10ミリメートルぐらいの仔魚(しぎょ)を産む卵胎生魚。全長20センチメートルぐらいまでは防波堤や、岸近くの藻場にすむが、成長とともに水深50~100メートルの岩礁域に移る。全長60センチメートルぐらいになる。水深100メートル以浅に多く、刺網、釣り、定置網で漁獲される。人工種苗されて放流されている。養殖されたものは活魚として出荷される。肉は白身で、刺身、塩焼き、煮つけなどにすると美味。ソイ類のなかではもっとも高価である。

[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例