コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロム鋼 クロムこうchromium steel

5件 の用語解説(クロム鋼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロム鋼
クロムこう
chromium steel

普通クロム鋼とは構造用鋼を意味し,高炭素低クロムの軸受鋼および低炭素高クロムのステンレス鋼は除外する。通常は炭素 0.28~0.48%の炭素鋼にクロム 0.8~3%を添加する。クロムは鉄とともに硬い複炭化物をつくるので著しく耐摩耗性を増す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

クロム‐こう〔‐カウ〕【クロム鋼】

クロムを含む鋼。クロム2パーセント以下のものは工具・歯車・軸受けなどに、12パーセント以上のものはステンレスなどとして用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

クロム鋼【クロムこう】

炭素鋼クロムを0.9〜1.2%添加した合金鋼。クロムのため焼入れ性が向上,焼戻しで微細な炭化物が析出して靭性(じんせい)の高い材料となる。
→関連項目クロム・モリブデン鋼

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

クロムこう【クロム鋼】

クロムを含有する合金鋼。耐熱鋼・工具鋼・機械構造用として用いる。12パーセント以上を含むものはステンレス鋼として用いる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロム鋼
くろむこう
chromium steel

クロムを含有する鋼。狭義には1%程度のクロムを含有する構造用合金鋼をいい、12%以上を含む高クロム鋼を普通ステンレス鋼、鋼の高温強度を高める目的で数%以下のクロムを添加した鋼を低合金耐熱鋼という。構造用合金鋼は車軸など強靭(きょうじん)性が要求される部材に用いる鋼の総称であり、0.5%以下の炭素を含み、焼入れ後650℃付近で焼き戻して使用される。肉厚になると急冷できず、焼きが入らなくなるのでクロムなどの合金元素が添加される。1%のクロムの添加により、クロム無添加丸棒の約3倍の直径の丸棒を焼入れ硬化させることができる。クロム鋼を焼戻し温度(約650℃)から急冷すると強靭になるが、この温度から徐冷をするときわめてもろくなる。この現象を焼戻し脆性(ぜいせい)という。[須藤 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクロム鋼の言及

【構造用合金鋼】より

…機械構造部品に使用される強度と靱性(じんせい)をそなえた合金鋼。炭素量は0.1~0.5%で,これに少量のクロム(0.9~1.2%)を添加したクロム鋼,クロム(0.5~1.0%)とニッケル(1.0~3.5%)を添加したニッケル・クロム鋼,クロム(0.9~1.2%)とモリブデン(0.15~0.45%)を含むクロム・モリブデン鋼,さらにニッケル(0.4~4.5%),クロム(0.4~1.8%),モリブデン(0.15~0.7%)を含んだニッケル・クロム・モリブデン鋼がある。これらの合金元素はとくに焼入れ性と焼戻し性を調節するために添加される。…

※「クロム鋼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone