コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロンシタット Kronshtadt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロンシタット
Kronshtadt

ロシア北西部,レニングラード州の都市。1723年までクロンシロート Kronshlot。サンクトペテルブルグの西約 30km,フィンランド湾東部のコトリン島にある港湾都市。1703年ピョートル1世がサンクトペテルブルグ防衛のため,要塞と軍港を構築したのが始まりで,バルチック艦隊の根拠地となって発展。また 1875~85年湾奥のサンクトペテルブルグへいたる水路が掘削されるまでは,貿易港としてもにぎわった。しばしば反乱の舞台となり,ロシア革命時にはクロンシタットに駐屯する水兵が大きな役割を果たした(→クロンシタットの反乱)。また第2次世界大戦中レニングラード包囲戦に際しては,その防衛に大きく貢献した。港は 12月初旬から 4月まで結氷するため,砕氷船が出動する。人口 4万2992 (2005推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クロンシタット

ロシア北西部,フィンランド湾内コトリン島にあり,サンクト・ペテルブルク(旧レニングラード)の西方にある港湾都市。1703年軍港として創設。以後1723年まではクロンシロトと称した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クロンシタット【Kronshtadt】

ロシア連邦北西部,レニングラード州の都市。サンクト・ペテルブルグの西方海上48kmのフィンランド湾内コトリン島にある軍港。人口4万5200(1992)。1723年までクロンシロト。1703年,ピョートル大帝の命によりペテルブルグ防衛のための海上要塞として建設,18世紀20年代以降,バルチック艦隊の主力基地となった。20世紀には革命運動の拠点のひとつとして有名。クロンシタットは,1905年のロシア革命の高揚の中で11月に起こった要塞兵士1500,艦隊水兵3000の反乱,06年8月の反乱を経験し,1917年革命では革命軍最大の拠点のひとつとなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クロンシタットの関連キーワードバルチック艦隊[ソビエト連邦]パブロフ=シリワンスキーサンクト・ペテルブルグクルーゼンシテルンビシネフスカヤロモノーソフプチャーチン戦時共産主義新経済政策メンシコフカピッツァグミリョフザハロフマカロフネーピア

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android