コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワエダシャク

百科事典マイペディアの解説

クワエダシャク

鱗翅(りんし)目シャクガ科の1種。開張45mm内外,褐色地に暗褐色の細線がある。日本全土,朝鮮,中国,台湾,インドに分布。幼虫はクワの葉を食べる害虫,シャクトリムシの1種で,体を伸ばして静止すると小枝そっくりになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クワエダシャク
くわえだしゃく / 桑枝尺蛾
[学]Menophra atrilineata

昆虫綱鱗翅(りんし)目シャクガ科に属するガ。はねの開張40~60ミリメートル。はねは茶褐色、前翅には2本、後翅には1本の黒線があり、前翅では強く折れ曲がる。北海道から奄美(あまみ)大島まで全国的にごく普通にみられ、よく灯火に飛来する。外国では朝鮮半島、台湾、中国大陸などに分布する。幼虫はクワの害虫としてよく知られ、年2回の発生で幼虫態で落葉の中などで越冬する。早春からクワの幼芽の中に頭を突っ込んで内部を食害する。大きくなると体長70ミリメートルぐらいになり、枯れ枝とそっくりの姿で、昼間はクワの枝に一直線になって静止している。昔、クワ畑に作業に出た農民が枝と見誤って土瓶を吊(つ)るし、落として割ったという俗説から、ドビンワリ(土瓶割)という名も使われた。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クワエダシャクの関連キーワードシャクガ(尺蛾)土瓶割桑尺蠖桑尺取井上

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android