コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クールトア クールトアCourtois, Bernard

3件 の用語解説(クールトアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クールトア
クールトア
Courtois, Bernard

[生]1777.2.8. ディジョン
[没]1838.9.27. パリ
フランスの化学者。火薬をつくるのに必要な硝酸カリウム製造業をしていた父の工場でその手伝いをし,かたわら薬種商で働き,のちパリのエコール・ポリテクニクに入学,A.フールクロアの教えを受け,アヘンの研究をしてモルヒネを発見。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クールトア
クールトア
Courtois, Jacques

[生]1621.2.12. サンイポリット
[没]1676.11.14. ローマ
フランスの画家。父ジャンから絵を学ぶ。 1635年頃3年間スペイン陸軍に服務。 40年以後ローマに定住してジャコモ・コルテーゼと名のり,ローマ・バロックの画家たちの影響を受けて戦闘図を好んで描いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クールトア
くーるとあ
Bernard Courtois
(1777―1838)

フランスの化学工業家。エコール・ポリテクニク(理工科大学校)で学び、化学の助手を短期間つとめたのち、父親の硝石工場を引き継ぐため、故郷のディジョンに戻った。1811年末、海藻の灰からカリウム塩やナトリウム塩を得るため、浸出した液にたまたま過度の硫酸を加えたところ、紫色の蒸気が発生し、それが凝縮して黒っぽい結晶になるのを観察した。その後何か月かこの新物質(ヨウ素)の研究に打ち込み、水素やリン、その他の金属との化合物を得たが、経済的理由から研究を中止し、その続行を2人の同郷の化学者デゾルムCharles Bernard Desormes(1777―1862)とクレマンNicolas Clment(1779―1842)に頼んだ。フランス学士院への新元素発見の報告はこの2人が1813年11月に行った。しかし、この新元素に、ギリシア語で「紫」を意味する「ヨード」の名をつけたのはゲイ・リュサックである。クールトアはこの発見によりフランス学士院から褒賞金を得たが、ヨウ素およびヨウ素化合物製造販売工場の試みは失敗に終わった。[吉田 晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クールトアの関連キーワード加藤美樹小糸佐七物沼波弄山伊豆大島アレクサンドル伊沢蘭軒賀川玄悦加藤美樹鞍馬獅子星条旗

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone