コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グァッシュ gouache

翻訳|gouache

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グァッシュ
ぐぁっしゅ
gouacheフランス語

水彩絵の具の一種。きわめて微粒子の顔料を、アラビアゴムのつなぎ剤で練ったもので、展色性を増すためにシュガー・エステルや蜜(みつ)などを添加する。グァッシュの不透明で光沢のない質感は、透明水彩とは非常に対照的な効果を発揮する。羊皮紙、板、紙などの基底材に塗ることができ、その歴史は古い。中世には手写本の類にも使用され、またやや下っては油彩画の下塗りにも用いられた。マチス、ルオー、モディリアニ、シャガールら、近代においてこの画材の発色と質感を好んだ画家は多い。今日では油彩画の剥落(はくらく)部分の補彩に用いられることが多いが、これは、補彩した上から油剤を施すことにより油彩に近い質感が得られ、また必要に応じて容易に除去することができるためである。[八重樫春樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グァッシュの関連キーワードミニアチュールアクリル絵の具グワッシュ水彩画

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android