コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グアッシュ グアッシュ gouache

翻訳|gouache

4件 の用語解説(グアッシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グアッシュ
グアッシュ
gouache

絵画用語。アラビアゴムを溶剤とする水溶性不透明絵具。あるいはその絵具で描いた絵。色彩は鮮明で,塗重ねると堅牢なマチエールが得られる。古くは古代ペルシア,エジプトで用いられ,ヨーロッパ中世のミニアチュールにも使用されたが,18世紀に流行し,その後もピカソマチスルオーシャガールらが使用した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

グアッシュ(〈フランス〉gouache)

ガッシュ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

グアッシュ

フランス語の美術用語。アラビアゴムを溶剤とする不透明の水彩絵具,またそれで描いた絵画。純粋な材料は不変色で鮮明だが,混色すると鮮明さを失い,濁った色になるので,単色の重ね塗りによって色を出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

グアッシュ【gouache[フランス]】

水彩絵具の一種で,とくに厚塗りや不透明な彩色に適したもの,またこれを用いて描いた絵をいう。不透明水彩ともいう。ただし,日本では学童用の廉価品を〈不透明水彩〉,専門家用高級品を〈グアッシュ〉と区別することがある。絵具の主成分は,顔料,アラビアゴム,増粘剤,界面活性剤,湿潤剤(グリセリンなど)で,基本的には透明水彩と同じである。両者の差はグアッシュの方がアラビアゴムの量が少なく,増粘剤が多い。有色顔料に白色を加えたり,やや粒子の粗い顔料を用いて不透明感を増しているものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グアッシュの関連キーワード岩絵具ガッシュ水彩絵の具不透明不透明体粉彩溜め塗エフ水彩メスチグメル岩不透明水彩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グアッシュの関連情報