グアッシュ(英語表記)gouache

翻訳|gouache

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グアッシュ
gouache

絵画用語。アラビアゴムを溶剤とする水溶性不透明絵具。あるいはその絵具で描いた絵。色彩は鮮明で,塗重ねると堅牢なマチエールが得られる。古くは古代ペルシア,エジプトで用いられ,ヨーロッパ中世のミニアチュールにも使用されたが,18世紀に流行し,その後もピカソマチスルオー,シャガールらが使用した。ほかの水彩絵具との併用も可能。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

グアッシュ

フランス語の美術用語。アラビアゴムを溶剤とする不透明の水彩絵具,またそれで描いた絵画。純粋な材料は不変色で鮮明だが,混色すると鮮明さを失い,濁った色になるので,単色の重ね塗りによって色を出す。古くからミニアチュールなどに用いられる。→水彩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グアッシュ【gouache[フランス]】

水彩絵具の一種で,とくに厚塗りや不透明な彩色に適したもの,またこれを用いて描いた絵をいう。不透明水彩ともいう。ただし,日本では学童用の廉価品を〈不透明水彩〉,専門家用高級品を〈グアッシュ〉と区別することがある。絵具の主成分は,顔料,アラビアゴム,増粘剤,界面活性剤,湿潤剤(グリセリンなど)で,基本的には透明水彩と同じである。両者の差はグアッシュの方がアラビアゴムの量が少なく,増粘剤が多い。有色顔料に白色を加えたり,やや粒子の粗い顔料を用いて不透明感を増しているものもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android