コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グアノシン グアノシン guanosine

4件 の用語解説(グアノシンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グアノシン
グアノシン
guanosine

リボ核酸 (RNA) の構成ヌクレオシドの一つで,グアニン (2-アミノ-6-オキシプリン) とリボースから成る (分子式 C10H13N5O5 ) 。水にほとんど溶けない。生体にはおもにリン酸と結合したヌクレオチドの形で存在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

グアノシン

 C10H13N5O5 (mw283.24).

 グアニンとリボースが結合したヌクレオシドの一つ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

グアノシン【guanosine】

グアニンと糖(リボース)とが結合したリボヌクレオシド。 RNA を構成する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グアノシン
ぐあのしん
guanosine

プリンヌクレオシドの一つで、9-β(ベータ)-リボフラノシルグアニンにあたる。分子量283。グアニル酸、グアノシン三リン酸(GTP)、核酸などの構成成分として広く生物界に存在する。プリンヌクレオチドの代謝中間体でもある。冷水、アルコールに不溶であるが、温水、酸、アルカリに溶ける。RNA(リボ核酸)をアルカリ加水分解して得たグアニル酸を酵素的に脱リン酸して得られる。[笠井献一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グアノシンの関連キーワードデオキシリボヌクレアーゼヌクレオシドヌクレオチドリボヌクレアーゼヌクレオカプシドリボゾームRNAシチジンリボヌクレオシドリボヌクレオチド核酸分解酵素

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グアノシンの関連情報