コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グアノシン グアノシンguanosine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グアノシン
guanosine

リボ核酸 (RNA) の構成ヌクレオシドの一つで,グアニン (2-アミノ-6-オキシプリン) とリボースから成る (分子式 C10H13N5O5 ) 。水にほとんど溶けない。生体にはおもにリン酸と結合したヌクレオチドの形で存在する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

グアノシン

 C10H13N5O5 (mw283.24).

 グアニンとリボースが結合したヌクレオシドの一つ.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

グアノシン【guanosine】

グアニンと糖(リボース)とが結合したリボヌクレオシド。 RNA を構成する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グアノシン
ぐあのしん
guanosine

プリンヌクレオシドの一つで、9-β(ベータ)-リボフラノシルグアニンにあたる。分子量283。グアニル酸、グアノシン三リン酸(GTP)、核酸などの構成成分として広く生物界に存在する。プリンヌクレオチドの代謝中間体でもある。冷水、アルコールに不溶であるが、温水、酸、アルカリに溶ける。RNA(リボ核酸)をアルカリ加水分解して得たグアニル酸を酵素的に脱リン酸して得られる。[笠井献一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

グアノシンの関連キーワードギルマン(Alfred G. Gilman)5'リボヌクレオチドナトリウムプリン(複素環式化合物)GTP結合タンパク質細胞内情報伝達機構DNAポリメラーゼRNAポリメラーゼイノシン三リン酸フォスファターゼリボヌクレオシドレフコウィッツチューブリングリコーゲンキャッピングGTPアーゼロッドベルTCA回路ロドプシン蛋白質合成マンノース

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グアノシンの関連情報