グメリン

化学辞典 第2版「グメリン」の解説

グメリン
グメリン
Gmelin, Leopold

ドイツの化学者.多くの科学者を輩出した家系の一人.1812年ゲッチンゲン大学で医学の学位を取得.1814年ハイデルベルク大学員外教授,1817年正教授となり,1851年までその職にあった.その間,化学を独立の学科として確立することに努めた.実験研究では,1820年から医学教授のF. Thiedemann(1781~1861年)とともに行った消化の研究が重要である.胃液や胆汁,膵液,血液などからタウリンコール酸ヘマチンなどを精製,発見した.また,赤血塩(グメリン塩)をはじめて調製した.1817~1819年に初版刊行した化学教科書Handbuch der Chemieは増補を重ねて,やがて“グメリンハンドブック”として知られる無機化学全書となった.1922年からはドイツ化学会がこの事業を引き継ぎ,1924年から第8版の刊行が開始され,現在は冊子体の刊行は中止され,オンラインデータベースで事業が継続されている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android