グラウハウ(読み)ぐらうはう(英語表記)Glauchau

日本大百科全書(ニッポニカ)「グラウハウ」の解説

グラウハウ
ぐらうはう
Glauchau

ドイツ東部、ザクセン州の都市。1949~90年は旧東ドイツに属した。エルツ山地北麓(ほくろく)の標高245メートルにあり、ムルデ川に沿う。人口2万7300(2000)。北西の都市メーラネ(人口2万3000)と並ぶ繊維の町で、ケムニッツから西方へ続く織物工業地帯の一部をなしている。紡績、織物、漂白、染色などの工場に数千人の労働者が働く。ムルデ川の水は染色に利用される。鉱山学者アグリコラの生地。

[佐々木博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「グラウハウ」の解説

グラウハウ
Glauchau

ドイツ東部,ザクセン州の都市。ケムニッツの西約 30km,ツウィッカウアームルデ川沿いに位置する。 13世紀に成立。古くから織物,染色業が盛ん。北部に大規模なニッケル鉱床があり,1955年以降製錬所が操業。機械,楽器の製造も行われる。人口2万 9376 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android