コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラウハウ グラウハウ Glauchau

2件 の用語解説(グラウハウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラウハウ
グラウハウ
Glauchau

ドイツ東部,ザクセン州の都市。ケムニッツの西約 30km,ツウィッカウアームルデ川沿いに位置する。 13世紀に成立。古くから織物,染色業が盛ん。北部に大規模なニッケル鉱床があり,1955年以降製錬所が操業。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラウハウ
ぐらうはう
Glauchau

ドイツ東部、ザクセン州の都市。1949~90年は旧東ドイツに属した。エルツ山地北麓(ほくろく)の標高245メートルにあり、ムルデ川に沿う。人口2万7300(2000)。北西の都市メーラネ(人口2万3000)と並ぶ繊維の町で、ケムニッツから西方へ続く織物工業地帯の一部をなしている。紡績、織物、漂白、染色などの工場に数千人の労働者が働く。ムルデ川の水は染色に利用される。鉱山学者アグリコラの生地。[佐々木博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラウハウの関連キーワードケムニッツゲルリッツザクセンツィッタウツウィッカウツェレバウツェンザクセンアンハルトシェムニッツドレスデン城

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone