コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラウンドワーク グラウンドワークground work

4件 の用語解説(グラウンドワークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラウンドワーク
グラウンドワーク
ground work

市民・企業・行政の三者が協力して身近な環境づくりを進める運動。 1981年イギリスに始り,全国組織のグラウンドワーク事業団と地域のグラウンドワークトラストによって,工場敷地の再生,河川・運河の環境整備,公園の自然再生,環境教育など多面的な活動が行われている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

グラウンド‐ワーク(Groundwork)

都市とその周辺地区の環境の改善・整備を、市民・行政・企業の三者が協力して行う運動。1981年、イギリスのリバプール市郊外から始まった市民運動

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

農林水産関係用語集の解説

グラウンドワーク

地域の環境整備等の実施に際し、従来の行政主導の計画策定・事業実施にかわり、住民が積極的に参加するとともに、企業が地域社会への貢献等の観点から参画し、住民・行政・企業の3者のパートナーシップによりグラウンド(生活の現場)に関するワーク(創造活動)を行うもの。

出典|農林水産省
農林水産関係用語集について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラウンドワークの関連情報