コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラニット グラニットGranit, Ragnar Arthur

4件 の用語解説(グラニットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラニット
グラニット
Granit, Ragnar Arthur

[生]1900.10.30. ヘルシンキ
[没]1991.3.12.
フィンランド生れのスウェーデン神経生理学者。アメリカの G.ウォルド,H.K.ハートラインとともに,視覚の生理学的研究の業績で 1967年ノーベル生理学・医学賞を受賞。 32年から1年間,ロックフェラー財団の研究員としてオックスフォード大学の C.S.シェリントンのもとで生理学を学び,ヘルシンキ大学,カロリンスカ研究所などの生理学教授を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

グラニット

スウェーデンの動物生理学者。ヘルシンキに生まれ,ヘルシンキ大学卒後,ストックホルムのカロリンスカ研究所に移り,のち同研究所内ノーベル医学研究所教授。微小電極法を用いて,脊椎動物の単一視神経繊維の色光刺激に対する反応を研究した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

グラニット【granite】

花崗岩かこうがん

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラニット
ぐらにっと
Ragnar Arthur Granit
(1900―1991)

スウェーデンの神経生理学者。フィンランドのヘルシンキに生まれる。1919年ヘルシンキ大学医学部に入学、1926年生理学研究室の助手となり、翌1927年博士号を取得した。オックスフォード大学、ペンシルベニア大学で研究生活を送ったのち、1937年ヘルシンキ大学教授となった。1940年にストックホルムの王立カロリンスカ研究所に移り、1945年に新設のノーベル医学研究所の教授となり、1967年まで務めた。1963年から2年間、スウェーデン王立科学アカデミーの会長を務めている。
 1920年から1947年まで視覚の生理学的研究を行った。微小電極法を用いて視神経の色光刺激に対する反応を詳しく観察し、網膜の感覚メカニズムや、視神経が光をどう伝えるかについて解明を試み、多くの成果を得た。1950年代以降は筋肉の運動について、その神経系の制御機構を研究した。1967年「視覚の生理学的・化学的基礎過程に関する発見」に対して、アメリカのハートライン、ウォールドとともにノーベル医学生理学賞を受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

グラニットの関連キーワードアンダーソンアンベールウォルシュ江口三省フロランムルデルグラノライトアリュート岩クラ岩三遊亭円朝(初代)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラニットの関連情報