コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラミシジン gramicidin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラミシジン
gramicidin

細菌 Bacillus brevisから得られる抗生物質。この細菌から R. J.デュボスは,初期の抗生物質としてチロトリシンを得た (1939) が,それは2成分の混合物で,その一方がグラミシジン,他方はチロシジンであった。グラミシジンの名は,グラム陽性菌を殺すことから名づけられた。D型アミノ酸も含む鎖状ポリペプチドで,これ自身もA,B,Cなど数種の混合物である。次いでソ連の G. F.ガウゼらは,同じ細菌から別の環状ポリペプチドを得て,グラミシジンSと命名。両者ともに,ヒトあるいは家畜の皮膚感染などに適用されることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

グラミシジン

 [Bacillus brevis]が作る抗生物質.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のグラミシジンの言及

【抗生物質】より

…これにより,微生物が生産する物質のなかには強力な抗菌作用をもつものが存在し,その物質が治療薬になりうるという指導原理が生まれたのである。39年R.J.デュボスは,バチルス菌Bacillus brevisの培養液からグラム陽性細菌の増殖を阻止する物質を結晶として分離し,チロトリシン(のちにグラミシジンとチロシジンの2物質に分けられた)と名づけた。39年からの20年間は抗生物質の黄金時代であり,つぎつぎと新物質が発見された。…

※「グラミシジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グラミシジンの関連キーワードシング(Richard Laurence Millington Synge)フェニルアラニンペプチド結合オルニチンロイシン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android