コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グランド・クーリー・ダム グランドクーリーダム

2件 の用語解説(グランド・クーリー・ダムの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

グランド・クーリー・ダム

米国,ワシントン州グランド・クーリーGrand Couleeにある多目的ダム。1942年完成。堤高168m,堤頂長1272m。コンクリート所用量780万m3の重力ダム。
→関連項目コロンビア[川]コロンビア高原ワシントン[州]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グランド・クーリー・ダム
ぐらんどくーりーだむ
Grand Coulee Dam

アメリカ合衆国、ワシントン州のコロンビア川にある重力式コンクリートダム。コロンビア平原の灌漑(かんがい)を主目的に計画され、1942年に完成した。高さ168メートル、総貯水量118億立方メートル、毎秒45立方メートルのポンプ6台で貯水を人工のバンクス湖に揚水し、20万ヘクタール(将来ポンプ12台で40万ヘクタール)を灌漑する。そのほか総出力238万キロワットの発電、洪水調節、舟航、レクリエーションなど多目的に利用される。その後1964年に調印されたアメリカ・カナダ両国の協力によるコロンビア川開発に関する条約に基づき、上流に貯水池群が建設されることとなり、総出力390万キロワットの第三発電所の増設が66年に着工、74年より発電が開始された。さらに第二次増設工事が着工され、最終的には1040万キロワットの発電が可能となる。グランド・クーリー・ダムは、ブラジル、パラグアイ両国が共同で開発したパラナ川のイタイプ発電所(1991年完成、1260万キロワット)に次ぐ規模となる。[石正和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グランド・クーリー・ダムの関連キーワードアーリントンシアトルワシントングランドクーリーダムワシントンポストクーリーシャツワシントニアンワシントン記念塔銀座ワシントン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グランド・クーリー・ダムの関連情報