コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グランド・クーリー・ダム グランドクーリーダム

2件 の用語解説(グランド・クーリー・ダムの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

グランド・クーリー・ダム

米国,ワシントン州グランド・クーリーGrand Couleeにある多目的ダム。1942年完成。堤高168m,堤頂長1272m。コンクリート所用量780万m3の重力ダム。
→関連項目コロンビア[川]コロンビア高原ワシントン[州]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グランド・クーリー・ダム
ぐらんどくーりーだむ
Grand Coulee Dam

アメリカ合衆国、ワシントン州のコロンビア川にある重力式コンクリートダム。コロンビア平原の灌漑(かんがい)を主目的に計画され、1942年に完成した。高さ168メートル、総貯水量118億立方メートル、毎秒45立方メートルのポンプ6台で貯水を人工のバンクス湖に揚水し、20万ヘクタール(将来ポンプ12台で40万ヘクタール)を灌漑する。そのほか総出力238万キロワットの発電、洪水調節、舟航、レクリエーションなど多目的に利用される。その後1964年に調印されたアメリカ・カナダ両国の協力によるコロンビア川開発に関する条約に基づき、上流に貯水池群が建設されることとなり、総出力390万キロワットの第三発電所の増設が66年に着工、74年より発電が開始された。さらに第二次増設工事が着工され、最終的には1040万キロワットの発電が可能となる。グランド・クーリー・ダムは、ブラジル、パラグアイ両国が共同で開発したパラナ川のイタイプ発電所(1991年完成、1260万キロワット)に次ぐ規模となる。[石正和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グランド・クーリー・ダムの関連情報