コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリコール酸 グリコールさんglycollic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリコール酸
グリコールさん
glycollic acid

化学式は CH2(OH)COOH 。サトウキビやブドウの中に存在する。モノクロロ酢酸の加水分解によって得られる。融点 80℃。 100℃に熱するとグリコール酸2分子から水1分子を失って無水物を生じる。水,エチルアルコールエーテル可溶過酸化水素と硫酸第二鉄で酸化するとグリオキシル酸を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グリコール‐さん【グリコール酸】

α-ヒドロキシ酸の一種。吸湿性の無色結晶。未熟の実や葉、サトウキビなどに含まれる。美容の分野でピーリング剤として用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

グリコール酸

 C2H4O3 (mw76.05).HOCH2COOH.ヒドロキシ酢酸ともいう.pH調整などに使う.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

グリコール酸の関連キーワードコルベ(Adolf Wilhelm Hermann Kolbe)カルボキシメチルデンプンナトリウムアミノ酸生合成阻害型除草剤カルボキシメチルセルロースパーマネント・ウエーブ光合成(こうごうせい)アンチエイジング化粧品ケミカルピーリングエチレングリコールセルロースエステルL. ミハエリスシロセット加工グリオキサール美容皮膚医療ミクロボディヒダントインマンデル酸メルカプト脱毛剤脱毛

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android