グリゴロービチ(Yuriy Nikolaevich Grigorovich)(読み)ぐりごろーびち(英語表記)Юрий Николаевич Григорович/Yuriy Nikolaevich Grigorovich

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリゴロービチ(Yuriy Nikolaevich Grigorovich)
ぐりごろーびち
Юрий Николаевич Григорович/Yuriy Nikolaevich Grigorovich
(1927― )

ロシアのバレエ振付師。サンクト・ペテルブルグ生まれ。1946年にレニングラード(現サンクト・ペテルブルグ)舞踊学校卒業後、同バレエ団ソリストに昇格した。若くして振付師となり、プロコフィエフの原譜を忠実に再現した『石の花』(1957)で脚光を浴びた。台本も書き、総合芸術としてのバレエを標榜(ひょうぼう)している。1961年からキーロフ・バレエ団(現マリンスキー劇場バレエ団)、1964年からボリショイ・バレエ団の芸術監督となった。『くるみ割り人形』『白鳥の湖』『眠れる森の美女』の改訂版を上演したほか、『スパルタクス』『黄金時代』『イワン雷帝』などを振り付けた。夫人はボリショイのバレリーナ、ベスメルトノワNatalia Bessmertnova(1941―2008)。1966年にソ連人民芸術家、1970年レーニン賞受賞。

[國吉和子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android