コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリシニン グリシニン glycinin

3件 の用語解説(グリシニンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

グリシニン(glycinin)

ダイズの主要たんぱく質で、グロブリンの一種。分子構造および遺伝子構造が解明されている。→グロブリン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

グリシニン

 ダイズタンパク質の約80%を占めるグロブリンの一種.単一タンパク質ではなく,遠心分離沈降定数により,2S,7S,11S,15Sの4画分に分けられる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

グリシニン【glycinin】

大豆たんぱく質の約半分を占める成分。良質のたんぱく質を豊富に含み、穀類では不足しがちな必須アミノ酸のうち、リシントリプトファンなども多く存在する。コレステロール中性脂肪血中濃度を下げる作用があり、血圧の正常化、肥満予防、高血圧動脈硬化の予防などの作用がある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グリシニンの関連キーワード核蛋白質アポタンパク質アラキングリアジングルテリン鶏卵タンパク質コングリシニン乳タンパク質複合タンパク質βラクトグロブリン

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone