グリシニン(英語表記)glycinin

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典「グリシニン」の解説

グリシニン【glycinin】

大豆たんぱく質の約半分を占める成分。良質のたんぱく質を豊富に含み、穀類では不足しがちな必須アミノ酸のうち、リシントリプトファンなども多く存在する。コレステロール中性脂肪の血中濃度を下げる作用があり、血圧の正常化、肥満予防、高血圧・動脈硬化の予防などの作用がある。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

栄養・生化学辞典「グリシニン」の解説

グリシニン

 ダイズタンパク質の約80%を占めるグロブリン一種.単一タンパク質ではなく,遠心分離沈降定数により,2S,7S,11S,15Sの4画分に分けられる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

デジタル大辞泉「グリシニン」の解説

グリシニン(glycinin)

ダイズの主要たんぱく質で、グロブリンの一種。分子構造および遺伝子構造が解明されている。→グロブリン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android