コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレアムの法則 グレアムのほうそくGraham's law

6件 の用語解説(グレアムの法則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレアムの法則
グレアムのほうそく
Graham's law

気体の拡散に関する2つの法則。 1831年 T.グレアムにより実験的に発見された。 (1) 容器の内外に圧力差 p があるとき,器内の気体 (密度 d ,分子量 M ) が小孔を通って流出する速度 u である。この法則は気体の分子量の測定,気体の分離に利用される。分子運動論により理論的にも導き出された。 (2) 気体および液体の拡散は分子量が大きいものほど拡散速度が小さいという法則。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

グレアム‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【グレアムの法則】

気体が容器の小孔から噴出する速度についての法則。気体の密度の平方根反比例し、容器の内外の圧力差の平方根に比例する。また、気体および流体の拡散速度は分子量に反比例するという法則も指す。19世紀英国の物理学者・化学者グレアムが発見。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

グレアムの法則【グレアムのほうそく】

(1)気体が小孔から流出する速度(v)は,その気体の密度(ρ)の平方根に反比例し,内外の圧力(p1,p2)の差の平方根に比例するという法則。(式1)。
→関連項目拡散

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

法則の辞典の解説

グレアムの法則【Graham's law】

(1) 気体の噴散(拡散ではない)についての法則.細孔から気体の流出する速度は,その気体の密度の平方根に逆比例し,容器の内外の圧力差の平方根に比例する.

(2) 気体および液体の中での拡散速度は,分子量の大きなものほど小さくなる

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グレアムのほうそく【グレアムの法則 Graham’s law】

イギリスの化学者T.グレアムは広範な拡散の実験を行い,1831年,気体分子がうすい仕切りにあいた細孔を通って流出する速度は,気体の密度の平方根に反比例するという法則を見いだした。定温定圧で気体の密度は分子量に比例するので,気体の細孔からの流出速度は気体分子の分子量に反比例し,この関係から分子量既知の気体の流出速度と比較して,任意の気体の分子量を求めることができる。また細孔を通しての気体分離の理論的基礎としても使われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレアムの法則
ぐれあむのほうそく
Graham's law

1831年イギリスのT・グレアムが、(1)気体の流出速度、および(2)拡散速度に関して発見した法則。
(1)気体が容器の小孔から噴出(流出)する速度は、その気体の密度の平方根に逆比例する。
(2)気体および液体における拡散速度は、分子量の大きいものほど小さくなる傾向がある。
 気体の流出について気体分子運動論によれば、気体の流出速度は分子の自乗平均速度に比例し、自乗平均速度はエネルギー等分配則により分子量の平方根に逆比例する。したがって、流出速度は分子量の平方根に逆比例することが説明できる。これから、分子量が既知の気体と未知の気体との間の流出速度の比較により未知気体の分子量を知ることができる。また、気体の分離にも利用されている。一方、流体力学的には、気体の流出速度は容器の内外の圧力差の平方根に比例する。
 気体および液体の拡散についてグレアムは、拡散速度が著しく小さい物質があることをみいだし、コロイド溶液を発見した。[吉田俊久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

グレアムの法則の関連キーワード三浦大輔訴訟費用世界知的所有権機関WIPO世界知的所有権機関WIPO鉛フリーはんだ落語家COPEスポーツ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone