コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレートウォール great wall

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレートウォール
great wall

1980年代末に発見された宇宙の巨大な構造物。銀河系から2~3億光年離れたところに,幅2億光年,厚さ 1500万光年,そして長さが少なくとも5億光年ある,銀河の壁。「万里の長城 (グレートウォール) 」のようだということで,この名前がつけられた。ボイドに沿って延々と連なっており,さらに観測を続ければ,長さは 10億光年以上になると考えられている。一様な宇宙からどうやってこれほどの構造がつくられたのかはなぞである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

グレート‐ウォール(great wall)

宇宙空間で銀河が壁状に多数分布する領域。宇宙の中で銀河は一様に分布せず、宇宙の大規模構造と呼ばれる巨大な泡状の構造が見られ、その泡の膜面に相当する。また、泡の内部はボイドと呼ばれる銀河がほとんど存在しない領域がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

グレートウォール【Great Wall】

銀河系から約三億光年の遠方にある長さ一〇億光年にも達するとみられる大規模な銀河集団の壁。アメリカのゲラー(M. J. Gueller)らによって発見された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

グレートウォールの関連キーワード宇宙の泡構造超銀河座標超銀河団天体

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グレートウォールの関連情報