片鱗(読み)へんりん

精選版 日本国語大辞典「片鱗」の解説

へん‐りん【片鱗】

〘名〙
① 一片のうろこ。うろこ一枚。
草枕(1906)〈夏目漱石〉七「片を溌墨淋漓の間に点じて、虬龍の怪を、楮毫の外に想像せしむるが如く」
② 転じて、ごくわずかな部分。一端
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生富士を観る「ふむ。どうもすばらしい片鱗だナ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android