コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グワリオル Gwalior

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グワリオル
Gwalior

インド中部,マディヤプラデーシュ州北部にある都市。ビンディア山脈から北方へ延びる丘陵地が,ジャムナ川流域平野に移行する地点の標高 224mの丘の上に築かれた城を中心として発展。 10~12世紀はラージプート王国の文化の中心であった。 1232年にイスラム勢力が侵入,1559年からムガル帝国の支配下に入ったが,1780年にイギリス軍が侵入してからは,これに抵抗するマラータ同盟およびグワリオル藩王家シンディア軍が,1858年に制圧されるまで城の争奪を繰返した。独立後は商工業中心地となり,ガラス,化学繊維,プラスチック製品の生産が増大。そのほか建築用石材,コムギ,米,トウモロコシ,サトウキビなどの集散地。中世の楽聖タンセンを出した民俗音楽の一中心地で,またグワリオル城内には 11世紀建立の寺院を含む6つの寺院と,6つの宮殿があり,文化史上でも重要。アーグラ-ボパール間に鉄道,国道が通じるほか,ビンド,シェオプール,シブプリへの各地方鉄道の分岐点。ウジャインにあるビクラム大学の工業,医学,農業などのカレッジ,工業研究所,工業試験場がある。人口 69万 2982 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グワリオル
ぐわりおる
Gwalior

インド中部、マディヤ・プラデシュ州北部の都市。人口82万6919、周辺部を含む人口86万5800(2001)。インドでももっとも古いといわれる城塞(じょうさい)を中心に発達した町で、その初めは525年にさかのぼるといわれる。城壁内には15世紀末にマン・シンの建造した宮殿を中心にヒンドゥー建築物、ムガル建築物、彫刻など歴史上貴重な遺跡が数多く残っている。1857年の「インドの大反乱」(セポイの反乱)の根拠地の一つでもある。[中山晴美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グワリオルの関連キーワードマハーダージー・シンディアアタル・ビハリ バジパイラクシュミー・バーイーA.B. バジパイビハーリーラールインドの大反乱シンディア家マラータ王国バーグ石窟ミヒラクラ奴隷王朝バジパイセポイモレナ