コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケアリタソウ

3件 の用語解説(ケアリタソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ケアリタソウ

アカザ科の一年草。熱帯アメリカ原産といわれる帰化植物で都会地の雑草。茎は著しく枝分れして,高さ70cmあまり,全草に毛がはえ,臭気がある。葉は狭卵形で,互生し,波形の鋸歯(きょし)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ケアリタソウ【American wormseed】

アカザ科の一年草(イラスト)。熱帯アメリカ原産の帰化植物で,薬用に栽培したものが大正年間に逸出したといわれる。世界の温暖な地域に広く帰化している。葉に腺があり,もむと強い臭いがある。茎は高さ30~80cmで,全体に開出毛が多く,和名はこの特徴に由来する。毛の少ないものをアリタソウというが,変異は連続し区別はむずかしい。花は7~11月に咲き,葉腋(ようえき)ごとにでる穂状花序につく。花は両性花と雌花の2型があり,小型の雌花ではおしべが退化している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケアリタソウ
けありたそう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケアリタソウの関連キーワードアゲラタムキノア白藜松菜丸葉朝顔毛有田草ダツラ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone