コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケファリニア島 ケファリニアとう Nísos Kefallinía

3件 の用語解説(ケファリニア島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケファリニア島
ケファリニアとう
Nísos Kefallinía

ケファロニア Kefaloniáともいう。古代ギリシア語読みではケファレニア Kephallēnia。ギリシア西部,イオニア諸島の最大の島。パトライコス湾の湾口沖にある山がちな島で,最高点 1628m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ケファリニア‐とう〔‐タウ〕【ケファリニア島】

KephallēniaΚεφαλληνίαケファロニア島の古代名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケファリニア島
けふぁりにあとう
Kephallina

ギリシア西部、イオニア諸島最大の島。ケファロニアKephallonaともいう。面積781平方キロメートル。東側に隣接するイサキ島といくつかの小島をあわせてケファリニア県を構成する。県の人口は、4万0200(2003推計)。県都はアルゴストリオンArgostlion。おもに石灰岩質の丘陵と山岳からなり、最高峰はエノス(古代のアイノス)山で標高1628メートル。海岸線は複雑である。南東部には肥沃(ひよく)な平野が開け、ブドウ、オリーブ、小麦を産する。また商業、海運業が盛んである。古代にはミケーネ文化の一中心地で、マザカルタとダカタに当時の墳墓が残っている。ペロポネソス戦争ではアテネ側につき、のちにアイトリア同盟の一員となった。ローマ征服(前189)以後、断続的ながら長くベネチアの影響下にあった。1798年よりフランス支配、1809年よりイギリス支配を経て、1864年からギリシア領。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケファリニア島の関連キーワードケファリンケファロニア島セファロスポリンバファローズアルファロメオ166アルファロメオGTかたづけファイル近鉄バファロー鉛エンセファロパシーセファロニア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone