コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルキラ島 ケルキラとうNísos Kérkira

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルキラ島
ケルキラとう
Nísos Kérkira

ギリシア西部,イオニア諸島北端の島。古代ギリシア語読みではケルキュラ Kerkyra,ラテン語ではコルキラ (コルキュラ) Corcyra,また中世にはコリュフェ Koryphēと呼ばれ,これがベネチア領下にイタリア語に転訛,コルフ Corfuとなったが,現在でもこの名で呼ばれることがある。アルバニアとの国境に面し,ギリシア本土のイピロス (古代名エピルス) 地方と狭いケルキラ海峡によって隔てられる。南北に長い石灰岩の島で,北部は山がちであるが,南部は比較的低平。中心都市ケルキラ。エウボイアのエレトリア人植民を排して,前 734年頃コリントの植民地が成立,一時コリントに服したがおおむね独立を保持。前 435年コリントとの争いでアテネに助けを求め,ペロポネソス戦争の要因となった。前3世紀イリュリア人に制圧されたが,ローマにより解放され,その基地,自治都市となった。以後,ゴート,ランゴバルド,サラセン,ノルマンなどに服した。 1401~1797年ベネチア領。 1815年以降イギリスの保護下に置かれたが,1864年イオニア諸島の他の島々とともにギリシア領となった。降水に恵まれた肥沃な島で,オリーブを中心にイチジク,オレンジ,レモン,ブドウなどが栽培され,牧畜,漁業も盛ん。石鹸,織物などの工業が立地。ホメロスの『オデュッセイア』に記されたスケリア島はここであるという説もある。 2007年ケルキラ旧市街が世界遺産の文化遺産に登録された。面積 593km2。人口9万 7102 (1981) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ケルキラ‐とう〔‐タウ〕【ケルキラ島】

KerkiraΚέρκυρα》ギリシャ西部、イオニア海にある島。イオニア諸島の北部、ケルキラ海峡を隔ててアルバニアと対する。イタリア語名および英語名コルフ島、ラテン語名コルキュラ島。中心都市は東岸のケルキラ。古代ローマ時代より、東方への海上交易の拠点として栄えた。14世紀末から18世紀末までベネチア共和国に長く支配されたため、その影響が強く残っている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケルキラ島
けるきらとう
Krkyra

ギリシア北西部、イオニア海にある島。ケルキラ海峡を隔ててアルバニアと対する。ラテン名コルキラCorcyra、英語名コルフCorfu。面積592平方キロメートル。周辺のパクソイPaxo島などの小島をあわせてケルキラ県を構成する。ケルキラ県は面積639.7平方キロメートル、人口11万5200(2003推計)。島の北部はパンドクラトラ山(914メートル)の山系が連なり山がちであるが、南部は水源に恵まれた豊かな農業地帯で、オリーブ、柑橘(かんきつ)類、ブドウ、トウモロコシなどを生産、輸出する。ベネチア共和国の支配が長く、その影響が濃く残る。島の東岸に県都のケルキラ(コルフ)がある。港湾都市で、人口3万9487(2001)。[真下とも子]

歴史

伝承によれば、紀元前733年コリント人の入植により開かれた。ペルシア戦争では孤立主義を貫き、局外にたったが、前5世紀後半には母市コリントとの対立からアテネと同盟し、内政面でも激しい内乱を経験した(前427)。ヘレニズム期にはマケドニアの諸将の攻撃の的となり、前3世紀末以降はローマの保護下に置かれ、その東方進出の拠点となった。10、11世紀にはノルマンの侵略を受け、その後、エペイロス公国(1214~59)、ベネチア(1389~1797)、フランス(1797~1815)などに相次いで占領され、1815年イギリスの保護領となったのち、64年ギリシア領となった。1923年夏にはイタリア人将軍暗殺事件を機に一時ムッソリーニに占拠されたが、列国大使会議の調停により解決をみた。[中村 純]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ケルキラ島の関連キーワードアギオススピリドナス教会パレオカストリッツァロベール・ギスカールカポディストリアスアンティパクソス島カポジストリアスロジェール2世パレオフルリオアヒリオン宮殿スピアナダ公園コルフ島事件エピダムノスコルキュラ島コルフ[島]ネオフルリオペタル1世アポイキアコルキラ島コルフ島ソロモス

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android