ケルチ半島(読み)ケルチはんとう(英語表記)Kerchensky poluostrov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルチ半島
ケルチはんとう
Kerchensky poluostrov

ウクライナ南部,クリミア半島クルイム半島)東部から突出し,アゾフ海と黒海をへだてる半島。北東部は丘陵 (最高点 190m) ,南西部は平地をなしている。地表の大部分は耕地化され,東のケルチ海峡にのぞむケルチに大鉄鉱床があり,鉄鉱石の採掘が盛んである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケルチ半島
けるちはんとう
Керченский Полуостров Kerchenskiy Poluostrov

ウクライナのクリミア半島から東に向けて延びる半島。南は黒海、北はアゾフ海に接し、東はケルチ海峡を隔ててタマン半島と相対する。ケルチ半島には高山はなく、北東部の丘陵地帯(最高1900メートル)を除くと大部分は平地である。おもな産業は小麦、トウモロコシ、大豆、ブドウなどの栽培と鉄鉱石の採鉱である。鉱石はケルチ港より海路でマリウポリの製錬所まで輸送される。ケルチ港は冬季2か月は結氷し、港としての機能が止まる。[村田 護]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android