ケンミジンコ(剣微塵子)(読み)ケンミジンコ

世界大百科事典 第2版の解説

ケンミジンコ【ケンミジンコ(剣微塵子)】

本来は,淡水および汽水にもっともふつうに見られる橈脚(じようきやく)亜綱キクロプス科キクロプス属Cyclopsに属する甲殻類総称。体長0.5~1.5mmくらい。ほとんど無色透明である。湖沼プランクトンとして,また,湿原や地下水などにも見られる。体はほぼ卵形をした前体部と,細長い後体部とに分かれ,それらの境目で互いに可動に関節している。前体部は半円状の頭部と分節している第3~5胸節からなる。頭部には前方に1対の長い第1触角,短い第2触角,これらに続いて腹面に大顎(だいがく),2対の小顎顎脚(がつきやく),第1遊泳脚がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android