コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広節裂頭条虫 こうせつれっとうじょうちゅうDiphyllobothrium latum

4件 の用語解説(広節裂頭条虫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広節裂頭条虫
こうせつれっとうじょうちゅう
Diphyllobothrium latum

扁形動物門条虫綱擬葉目裂頭条虫科。体長3~10m,体幅 1.5~2cm,片節数 3000~4000。北半球の諸国に広く分布し,日本でも北海道,北陸,近畿などにみられる。ヒト,イヌ,ネコ,キツネ,クマ,トラ,ライオンなどの腸管内に寄生する。頭部は長い棍棒状で,背腹両側に深い吸溝があり,頭部で宿主の腸壁に付着して体は宿主の腸管内で自由になっている。各片節には雌雄1組の生殖器があり,同一片節または異なる片節間で自家受精を,あるいは2個体間で他家受精を行う。老熟片節内は多数の卵で満たされ,産卵の際,卵は子宮口から産み出される。産卵後空になった片節は体から離れる。糞便とともに宿主の体外に排出された卵は六鉤幼虫からコラキディウム (幼生) になって第1中間宿主のケンミジンコ類に摂取され,その後第2中間宿主であるマス,ニジマス,ヤマメなどの淡水魚内に入って筋肉内で成長し,終宿主に感染する。成虫が多数ヒトに寄生すると広節裂頭条虫症となり,高度の消化器障害と貧血が起る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうせつれっとう‐じょうちゅう〔クワウセツレツトウデウチユウ〕【広節裂頭条虫】

裂頭条虫の一種。体長2~10メートル、体幅2センチくらい。虫卵は水中で孵化(ふか)し、第1中間宿主ケンミジンコ、第2中間宿主のマス類を経て、終結宿主の人間や犬・猫・キツネなどの腸に寄生。虫卵が糞便(ふんべん)とともに排出される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうせつれっとうじょうちゅう【広節裂頭条虫】

条虫綱の扁形動物。俗に言うサナダムシの一種。成虫の体は多数の片節からなり、体長2~10メートルに達する。頭部に二本の溝があり、これで宿主の腸壁に吸着する。卵は糞便とともに排出され、ケンミジンコ類を第一中間宿主、サケ・マスなどを第二中間宿主として、人間・クマ・イヌなどの小腸に寄生する。ミゾサナダムシ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広節裂頭条虫
こうせつれっとうじょうちゅう
broad tapewormfish tapeworm
[学]Diphyllobothrium latum

扁形(へんけい)動物門条虫綱偽葉目裂頭条虫科の寄生虫で、ヒト、イヌ、ネコ、キツネ、クマなどの腸管に寄生する。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone