コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーブルテレビ けーぶるてれびCable Television

翻訳|Cable Television

知恵蔵の解説

ケーブルテレビ

テレビの映像・音声信号を無線電波ではなく、ケーブルで家庭に伝送するサービス、あるいは事業者のこと。CATVは元々は山やビルの陰で地上波が届きにくい世帯のための共同アンテナ(Community Antenna Television)をさしていたが、衛星などによる多チャンネルが実現すると、その電波を受けて再送信したり、自ら制作・購入した番組を流したりする事業者が増えてきた。これを都市型ケーブルテレビと呼ぶ。1980年代末からの衛星多チャンネル化に加えて、93年にMSO(Multiple Systems Operators=複数ケーブルテレビ運営会社)が認められたことによって発展の土台を与えられた。その後、ケーブルインターネットやIP電話などテレビ以外の需要拡大を背景に、飛躍的な伸びを見せた。自主放送を行うケーブルテレビの加入世帯は98年度末には789万世帯で、全世帯に対する普及率は17.0%だったが、2007年3月末には2060万世帯、普及率も40%に達した。03年末に地上デジタル放送が始まると、その電波が行き渡らないうちはCATVを通して番組を見たいという需要を吸収できるとあって、各局はデジタル化への対応を急いだ。しかし、地上デジタル放送の開始には、BSやCSを含む共通チューナーを内蔵するデジタルテレビの普及によって、多チャンネル化などCATVのお株を奪う面もある。IP放送など新たなライバルも登場している。

(隈元信一 朝日新聞記者 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ケーブルテレビ

1955年、テレビ電波がうまく届かない地域の難視聴対策として始まった。90年ごろから光ファイバーが導入され始めて、「多チャンネル」「インターネット」「IP電話」のサービスで加入者を増やしている。2011年3月末の全国の世帯普及率は48.8%。

(2011-10-23 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ケーブルテレビ

CATV」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

ケーブルテレビ

有線にて各家庭に信号を送り、テレビ番組やインターネット信号を伝送するサービス。CATVともいう。まず難視聴対策として開始され、今では多チャンネルが売り物の都市型ケーブルテレビが人気を集める。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ケーブルテレビ

CATV

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケーブルテレビ

ケーブルテレビジョンcable televisionの略。ケーブルでテレビ信号を伝送,分配サービスを行う有線テレビジョン放送システム,またはその事業をいう。テレビ電波の届きにくい山かげあるいはビルかげの受信世帯のために,受信良好地点に共同でアンテナを設置し,そこで受信した良好な電波を同軸ケーブルで各家庭に分配する共同アンテナテレビジョンが発祥である。これはCATV(Community Antenna Television)あるいはMATV(Master Antenna Television)という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ケーブルテレビ【cable television】

アンテナを用いずに、映像を同軸ケーブル・光ファイバー-ケーブルを用いて伝送する有線のテレビ。双方向通信が可能。回線は電話・インターネットにも用いられる。有線テレビ。 CATV 。 〔 CATV は、元来 community antenna television(共同体アンテナ-テレビ)の略で、難視聴地域解消のために導入された〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケーブルテレビ
cable television

有線により映像およびこれに伴う音声その他の音響を送信するテレビ放送機構。CATVと略称される。元来は難視解消の手段として発達してきた共同アンテナテレビをさしていたが,伝送路として使われる同軸ケーブルが大きなチャンネル容量をもっているため,防犯・防災情報サービス,静止画放送,遠隔医療,データ通信,ファクシミリ放送など多目的に利用されるようになった。日本では 1973年1月,有線テレビ施設を郵政大臣の許可制とし,テレビ再送信および空きチャンネルの開放を義務づけた,有線テレビジョン放送法を施行,映画やスポーツなど番組内容の充実につれ普及が進み,また高速インターネット接続サービス(ケーブルインターネット)の利用者も増えた。さらに高機能化を目指し光ファイバ化,広帯域化,デジタル化が進んだ。これら不特定多数の家庭を対象とする CATVと異なり,デパート,ホテルなど特定の建築物構内に受信施設および対象が限定されているものは CCTV; closed circuit television(閉回路テレビジョン)という。CATVおよび CCTVの同軸ケーブルを使用するシステムを CCIS; coaxial cable information system(同軸ケーブル情報システム)と総称する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケーブルテレビ
けーぶるてれび

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のケーブルテレビの言及

【ニューメディア】より

…彼は,〈メディア論のための積木箱〉(《Kursbuch》1970年3月号)のなかで,〈neue Medien〉という言葉に特別の意味を込めた。ここで〈ニュー・メディア〉とみなされたのは,通信衛星,カラーテレビ,有線テレビ(CATV,〈ケーブルテレビ〉),カセットビデオ,ビデオレコーダー,テレビ電話,ステレオ,レーザー技術,静電コピー,高速電子プリンター,教育機器,電子顕微鏡,無線印刷,ディジタルコンピューターである。こうした文脈のなかでは,90年代に普及するインターネットに至る電子メディアの流れが一貫したものとして把握できる。…

※「ケーブルテレビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ケーブルテレビの関連キーワードcommunity antenna televisionインターネットとケーブルテレビの普及リサイクル戦隊ワケルンジャーイッツ・コミュニケーションズインターネットプロバイダータイム・ワーナー[会社]ピーマンズスタンダード電気通信役務利用放送法CATVインターネットケーブルメディア四国ナローキャスティングセットトップボックスローカル・メディアteletopia三地直装イワシマンブロードバンド通信BBケーブルTVタイム・ワーナーアドバンスコープ神山町の光回線

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケーブルテレビの関連情報