コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーベル Koeber, Raphael

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケーベル
Koeber, Raphael

[生]1848.1.15. ニジニーノブゴロド
[没]1923.6.14. 横浜
ロシア生れのドイツ哲学者。 1867~82年モスクワ音楽院で音楽を学び,のちドイツのイェナ,ハイデルベルク両大学で哲学と文学を学んだ。 93年,東京帝国大学の教官として来日,哲学を講じ,1914年まで在任した。彼のキリスト教的汎神論の学風に裏づけられた高潔な人格は,西洋古典の教養と相まって,大正期の日本の学徒,知識人に大きな影響を与えた。主著"Schellings Lehre über die menschliche Freiheit" (1880) ,"Das philosophische System E. von Hartmanns" (84) ,"Die Philosophie A. Schopenhauers" (88) ,『ケーベル博士随筆集』 Kleine Schriften (3巻,1918~25) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ケーベル(Raphael Koeber)

[1848~1923]ドイツの哲学者・音楽家。ロシアの生まれ。モスクワで音楽、ハイデルベルクで哲学を学ぶ。1893年(明治26)来日、東大・東京音楽学校で21年間、哲学・文学・音楽などを教授。横浜で死去。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ケーベル

ドイツの哲学者。ロシアに生まれ,横浜に没。モスクワ高等音楽院卒業後,イェーナ,ハイデルベルク両大学で哲学,文学を学ぶ。1893年東京帝国大学教授として来日,その教養と人格で学生を感化,大正期の知識人に大きな影響を与えた。
→関連項目岩下壮一桑木厳翼高橋里美波多野精一

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ケーベル Koeber, Raphael von

1848-1923 ロシアの哲学者,音楽家。
1848年1月26日生まれ。父はドイツ系ロシア人。自身はドイツを祖国とした。モスクワでピアノを,ドイツで哲学と文学をまなぶ。明治26年(1893)来日。帝国大学,のち東京帝大で大正3年まで哲学やギリシャ語,ラテン語などをおしえ,和辻哲郎,波多野精一らに影響をあたえた。東京音楽学校(現東京芸大)でピアノも指導。大正12年6月14日横浜で死去。75歳。著作に「ケーベル博士小品集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

ケーベル

没年:大正12.6.14(1923)
生年:露暦1848.1.15(1848.1.26)
明治期に来日した哲学者。ドイツ系ロシア人の子としてロシアに生まれる。本人はドイツを祖国とみなしていた。モスクワ音楽院でピアノを学んだが,音楽家にはならず,卒業後ドイツに行き,イェーナ大学やハイデルベルク大学で哲学や文学を学ぶ。学位を得たのち,ハルトマンのすすめで明治26(1893)年来日し,帝大で西洋哲学,ギリシャ語,ラテン語などを教えた。安倍能成,宮本和吉,久保勉 ら多くの若手を育てた一方,東京音楽学校(東京芸大)でピアノを教える。大正3(1914)年帰国の準備をしたが,第1次世界大戦勃発のため日本にとどまった。夏目漱石がそのころのケーベルを小品に綴っている。以後横浜に住み,『思潮』『思想』などに論文を寄せている。それは『ケーベル博士小品集』(1919~24)として多くの読者を得た。日本で没したケーベルだが,近年,彼の作曲した歌曲が日本で復活演奏され,その深い内面世界が注目されている。著作集に『ケーベル博士随筆集』(久保勉訳・編,岩波文庫)がある。

(中島国彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケーベル【Raphael Koeber】

1848‐1923
哲学者。ドイツ系ロシア人の子としてロシアに生まれ,モスクワ音楽学校を卒業。その後ドイツのイェーナ,ハイデルベルクの両大学で哲学・文学を学び,1882年ショーペンハウアー論で学位を取得した。93年来日して東京帝国大学の哲学教師となり,1914年まで在職。退職後も横浜にとどまって数多くの随筆を書く。幅広い教養と高潔な人格とにより,大正期の教養主義思潮に深い影響を与えた。《ケーベル博士小品集》(1919‐24)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ケーベル【Raphael Koeber】

1848~1923) ドイツの哲学者・音楽家。東京大学の哲学教師として21年間在職。人文主義的教養を伝えるとともに、その高い人格の故に広く慕われた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケーベル
けーべる
Raphael Koeber
(1848―1923)

ドイツの哲学者。ドイツ系ロシア人の高級官僚の子として帝政ロシアの古都ニジニー・ノブゴロド(現、ゴーリキー市)に生まれる。1867年モスクワ音楽院に入学、ピアノをルビンシュテインNikolai Grigoryevich Rubinstein(1835―1881)に習った。1872年優秀な成績で同音楽院を卒業したが、生来の内気な性格から音楽家としてたつことを断念して、翌1873年ドイツに留学、イエナ大学、ハイデルベルク大学で哲学、文学を専攻した。1880年F・シェリングの人間的自由に関する論文で学位を得、1884年『ハルトマンの哲学体系』、1888年『ショーペンハウエルの哲学』を出版した。1893年(明治26)帝国大学文科大学(後の東京帝国大学)の哲学教師として来日。哲学概論、ギリシア哲学、中世および近世哲学史、キリスト教史、カントやヘーゲルに関する特殊講義といった哲学科目と、西洋古典語、ドイツ語、ドイツ文学を講義し、その間、東京音楽学校でピアノの教授も行った。21年間の東京帝国大学在職中、ケーベルは賜暇帰国などで講義を中断することもなく、文字どおり一身を講義と学生指導に捧(ささ)げた。1914年教壇を去ってドイツへ帰国しようとしたが、第一次世界大戦で帰国不可能となり、横浜の友人宅に9年間寄寓(きぐう)したまま、同所で逝去した。芸術家の感性と資質に満ちたケーベルは、同時に哲学教師としてギリシア的自由の精神とキリスト教的敬虔(けいけん)の体現者として、彼の講筵(こうえん)に連なった波多野精一(はたのせいいち)、和辻哲郎(わつじてつろう)、魚住影雄、橘糸重(たちばないとえ)(1879―1939)ら多くの学生に深い感銘を与えた。[田代和久]
『深田康算・久保勉訳『ケーベル博士小品集』(1919・岩波書店) ▽久保勉訳『ケーベル博士小品集、続』(1923・岩波書店) ▽久保勉訳『ケーベル博士小品集、続々』(1924・岩波書店) ▽久保勉訳『ケーベル博士随筆集』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ケーベルの関連キーワードケーベル ラファエル・フォンジェイスン ジェームズおもなお雇い外国人波多野 精一ボヤヌス器官大塚 保治8月15日滝 廉太郎岩下 壮一深田 康算本居 長世幸田 延東京大学有島生馬ヒルティ橘 糸重橘糸重子久保 勉滝廉太郎岩元 禎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケーベルの関連情報