コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コアカザ コアカザ Chenopodium ficifolium

2件 の用語解説(コアカザの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コアカザ
コアカザ
Chenopodium ficifolium

アカザ科の一年草で路傍や荒れ地に生える。全草無毛。高さ 30~60cm。アカザに似ているが小型で葉も細く質も軟らかい。ヨーロッパ原産の帰化植物で日本各地に広がっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コアカザ
こあかざ / 小藜
[学]Chenopodium ficifolium Smith.

アカザ科の一年草。茎は直立し、高さ30~50センチメートルで、分枝する。葉は互生し、三角状長楕円(ちょうだえん)形で先は鈍くとがり、長さ2~5センチメートル。浅く3裂し、縁(へり)に波状の歯牙(しが)があり、裏面は粉白を帯びる。6~8月、枝先に円錐(えんすい)花序をつける。花は密集し、花被片(かひへん)は5枚で倒卵形、長さ1ミリメートル、背面に隆起する緑色の稜(りょう)がある。種子は盤状で径1ミリメートル、黒色で光沢がない。ユーラシア大陸原産の帰化植物で、好窒素の雑草として日本全土の畑や荒れ地に生える。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コアカザの関連キーワード荒地野菊陸鹿尾菜金葎烏の胡麻桑草白藜松菜雀萱アカザ(藜)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone