コアカザ(英語表記)Chenopodium ficifolium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コアカザ
Chenopodium ficifolium

アカザ科の一年草路傍荒れ地に生える。全草無毛。高さ 30~60cm。アカザに似ているが小型で葉も細く質も軟らかい。ヨーロッパ原産の帰化植物で日本各地に広がっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コアカザ
こあかざ / 小藜
[学]Chenopodium ficifolium Smith.

アカザ科の一年草。茎は直立し、高さ30~50センチメートルで、分枝する。葉は互生し、三角状長楕円(ちょうだえん)形で先は鈍くとがり、長さ2~5センチメートル。浅く3裂し、縁(へり)に波状の歯牙(しが)があり、裏面は粉白を帯びる。6~8月、枝先に円錐(えんすい)花序をつける。花は密集し、花被片(かひへん)は5枚で倒卵形、長さ1ミリメートル、背面に隆起する緑色の稜(りょう)がある。種子は盤状で径1ミリメートル、黒色で光沢がない。ユーラシア大陸原産の帰化植物で、好窒素の雑草として日本全土の畑や荒れ地に生える。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android