コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コアズボ Antoine Coysevox

2件 の用語解説(コアズボの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コアズボ【Antoine Coysevox】

1640‐1720
フランスルイ14世首席彫刻家。リヨン生まれる。1657‐63年ころ王立アカデミーに学ぶ。70年代終りころまでに,C.ル・ブランやJ.H.マンサールとともに,ベルサイユ宮殿で制作にたずさわる。ジラルドン風の古典主義的な作例は生気を感じさせないが,〈戦争の間〉の《ルイ14世》(浮彫)は,この時代のバロック精神をよく伝える。肖像彫刻(大コンデ,ル・ブランなど)においては,性格描写にすぐれる。この意味では後代のウードンの先がけと言える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コアズボ
こあずぼ
Antoine Coysevox
(1640―1720)

フランスの彫刻家。リヨンの木彫職人の家に生まれる。17歳のときパリに出てルイ・ルランベールのもとに修業。一時期リヨンに帰り、1676年アカデミー会員に迎えられパリに出、やがてシャルル・ルブランのもとでベルサイユ宮殿の装飾彫刻に従事、鏡の間、戦争の間、大使の階段などのストゥッコ装飾を行った。とくに戦争の間の『ルイ14世の栄光』や大使の階段の彫刻(ルイ15世時代に破壊)は、ベルサイユの彫刻のみならず、フランス・バロック彫刻を代表する。また同宮殿庭園にも数多くの作品を残している。ルブランの死後、彼の装飾彫刻はシャトー・マルリにおいてより自由な想像力が発揮された。しかし彼の本領は、なによりも『ルイ14世』(ルーブル美術館)などの肖像彫刻にみいだされ、その個性的相貌(そうぼう)の観察や心理的表現は、ウードンたちの先駆をなしている。[中山公男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コアズボの関連キーワードキリシタンブラガンサ朝ピューリタン革命エキュジョアン[4世]ルーベンスの家駒ヶ岳(北海道)色絵バロック音楽モントリオール条約

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone