コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コアズボ Antoine Coysevox

2件 の用語解説(コアズボの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コアズボ【Antoine Coysevox】

1640‐1720
フランスルイ14世首席彫刻家。リヨン生まれる。1657‐63年ころ王立アカデミーに学ぶ。70年代終りころまでに,C.ル・ブランやJ.H.マンサールとともに,ベルサイユ宮殿で制作にたずさわる。ジラルドン風の古典主義的な作例は生気を感じさせないが,〈戦争の間〉の《ルイ14世》(浮彫)は,この時代のバロック精神をよく伝える。肖像彫刻(大コンデ,ル・ブランなど)においては,性格描写にすぐれる。この意味では後代のウードンの先がけと言える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コアズボ
こあずぼ
Antoine Coysevox
(1640―1720)

フランスの彫刻家。リヨンの木彫職人の家に生まれる。17歳のときパリに出てルイ・ルランベールのもとに修業。一時期リヨンに帰り、1676年アカデミー会員に迎えられパリに出、やがてシャルル・ルブランのもとでベルサイユ宮殿の装飾彫刻に従事、鏡の間、戦争の間、大使の階段などのストゥッコ装飾を行った。とくに戦争の間の『ルイ14世の栄光』や大使の階段の彫刻(ルイ15世時代に破壊)は、ベルサイユの彫刻のみならず、フランス・バロック彫刻を代表する。また同宮殿庭園にも数多くの作品を残している。ルブランの死後、彼の装飾彫刻はシャトー・マルリにおいてより自由な想像力が発揮された。しかし彼の本領は、なによりも『ルイ14世』(ルーブル美術館)などの肖像彫刻にみいだされ、その個性的相貌(そうぼう)の観察や心理的表現は、ウードンたちの先駆をなしている。[中山公男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コアズボの関連キーワードフランス組曲プッサンフランスソワールブルボン王朝マンデスフランスランブイエ城フランステレビジオンシランクスクープラン, フランソワノルマン種 (Norman )

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone