コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウガイゼキショウ Zuncus leschenaultii Gay

世界大百科事典 第2版の解説

コウガイゼキショウ【Zuncus leschenaultii Gay】

田のあぜなどの湿地に普通にみられるイグサ科の雑草的多年草(イラスト)。日本全土にみられ,さらに中国,ヒマラヤ,インドに分布する。茎は叢生(そうせい)し,扁平で高さ20~40cm。葉はアヤメの葉のように中肋から折りたたまれて扁平である。花期は夏~秋。花は集まって頭花を形成し,集散花序に配列する。花被片は披針形で緑色,辺縁部は膜質でやや透明である。おしべは3本,子房は3室。果実は蒴果(さくか)で長さ約4mm,先はやや急にとがる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウガイゼキショウ
こうがいぜきしょう / 笄石菖
[学]Juncus leschenaultii Gay

イグサ科の多年草。茎は叢生(そうせい)し、高さ30~40センチメートル、扁平(へんぺい)で両縁に翼がある。葉は3、4枚、茎の下部に集まり、線形、幅2~3ミリメートル、多管質で隔壁がみえる。集散状の花序をつけ、包葉は花序よりはるかに短い。花は数個ずつ集まって小さな頭花をつくる。花被片(かひへん)は6枚、線状披針(ひしん)形で長さ4~5ミリメートル、雄しべは3本で花被片の半分の長さより短い。(さくか)は花被と同長またはやや長めで光沢がある。水田や山間の湿地に普通に生え、日本全土のほか、シベリアからインドまで東アジアに広く分布する。名は、葉の形を笄(こうがい)に見立てたもの。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コウガイゼキショウの関連キーワードタチコウガイゼキショウ(立笄石菖)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android