コットブス

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コットブス
こっとぶす
Cottbus

ドイツ東部、ブランデンブルク州の工業都市。1949~90年は旧東ドイツに属した。シュプレー川左岸の標高72メートルにあり、人口10万8500(2000)。織物、じゅうたん、鉄道車両、食品、電気、機械の各工業が行われる。1156年に記録に現れ、13世紀初めに特許状を得、1445年にはブランデンブルク公領の一部となった。14、15世紀の教会や、かつての要塞(ようさい)跡のシュプレンベルク塔などが残る。
 1953~90年にあったコットブス県は、ブランデンブルク公領がほぼ3分割されて成立した。世界最大の西エルベ褐炭田があったため、県都の南南西約30キロメートルに、シュプレンベルク、ホイヤースベルダ、ゼンフテンベルクの3都市を結ぶモレーン(氷堆石(ひょうたいせき))の丘陵地に褐炭コンビナート「シュワルツ・プンペ」が形成されていた。[佐々木博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android