コドコド(英語表記)kodkod

世界大百科事典 第2版の解説

コドコド【kodkod】

西半球でもっとも小型の食肉目ネコ科の哺乳類(イラスト)。チリチロエ島およびアルゼンチン西部に分布する。体長39~52cm,長17~23cm。耳介は先が丸く,その後面が黒く中央に白斑があり,体に黒色斑点があるところは対馬などのヤマネコに似るが,四肢が短くずんぐりしていて,尾に黒色の横帯が基部近くまでたくさんある。体は黄褐色灰褐色で直径1cm,またはそれ以下の小さくて丸い黒色の斑点が密にあり,下面は白色に近い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コドコド
こどこど
kodkod
[学]Leopardus guigna

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ネコ科の動物。チリヤマネコともいう。チリとボリビアのアンデス山麓(さんろく)に分布し、茂みや低木の多い開けた場所にすむ。体長40~52センチメートル、尾長17~23センチメートル。体は黄褐色で暗灰褐色の斑点(はんてん)が縦に並び、尾には黒色の輪がある。頭骨の構造や毛皮の斑紋にはイリオモテヤマネコに似た点がみられる。単独で生活し、昼行性でネズミなどの小哺乳類を食べ、木登りはうまいが地上生であろうと推定されている。しかし、野生での習性は不明。寿命は飼育下で11年以上である。[今泉忠明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android