コナガ(小菜蛾)(読み)コナガ(英語表記)Plutella xylostella

世界大百科事典 第2版の解説

コナガ【コナガ(小菜蛾) Plutella xylostella】

鱗翅目スガ科の昆虫。ほとんど全世界に分布し,幼虫ダイコンハクサイカブなどアブラナ科の害虫として有名。成虫は開張1.5cmくらいの小さいガで,前翅翅底部に白紋があり,翅をたたんで静止したとき左右前翅の白紋がいっしょになり,ダイヤモンドの形に見えるところからdiamond‐back mothという英名がある。卵は葉上に1個ずつ産みつけられる。幼虫は体長10mmくらいの青虫で,葉裏に糸を張って食害し表皮だけを残す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android