コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コナガ(小菜蛾) コナガ Plutella xylostella

1件 の用語解説(コナガ(小菜蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コナガ【コナガ(小菜蛾) Plutella xylostella】

鱗翅目スガ科の昆虫。ほとんど全世界に分布し,幼虫はダイコンハクサイ,カブなどアブラナ科の害虫として有名。成虫は開張1.5cmくらいの小さいガで,前翅翅底部に白紋があり,翅をたたんで静止したとき左右前翅の白紋がいっしょになり,ダイヤモンドの形に見えるところからdiamond‐back mothという英名がある。卵は葉上に1個ずつ産みつけられる。幼虫は体長10mmくらいの青虫で,葉裏に糸を張って食害し表皮だけを残す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コナガ(小菜蛾)の関連キーワードコクヌストヒメイエバエ鱗翅類蝙蝠蛾小菜蛾尺蛾透翅蛾毒蛾虎蛾鷹目

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone