コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コナジラミ コナジラミ Aleyrodidae; whitefly

3件 の用語解説(コナジラミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コナジラミ
コナジラミ
Aleyrodidae; whitefly

半翅目同翅亜目コナジラミ科に属する昆虫の総称。体長1~3mmの微小な昆虫で,体や翅が白色のろう粉におおわれる。翅脈は単純で各翅とも中央部に1本あるのみである。成虫はいずれも酷似するので,蛹殻 (4齢の脱殻) の形態の特徴が種の区別に用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コナジラミ

半翅目コナジラミ科Aleyrodidaeの昆虫の総称。幼虫,成虫ともに植物の汁を吸い,平たい幼虫は葉裏で固着生活をする。成虫は小型で,どの種も1mm内外。体や翅は蠟質の粉で覆われているのでこの名がある。この粉は腹節の両側から羽化後に分泌され,脚を使って体や翅に塗りつけられる。翅は灰色であったり,斑紋がある種類もあるが,たいていは白くて斑紋がない。翅脈も退化している。交尾器の形態も単純である。日本から60種あまり,世界では約1100種が知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コナジラミ
こなじらみ / 粉虱
white flies

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目コナジラミ科Aleyrodidaeの昆虫の総称。キジラミ、アブラムシ、カイガラムシに近縁である。体長3ミリメートル以下の微小昆虫で、日本には外来種を含め約70種が知られている。成虫は自由生活者で、活発に飛び回り、体は軟弱で体表やはねはろう質の粉で覆われる。種々の植物に寄生し、重要害虫も多い。ミカンを加害するミカンノコナジラミ、ミカンノトゲコナジラミ、ヒメコナジラミなど、温室のトマトやキュウリに大害を与えるグリーンハウスコナジラミなどが有名。防除には農薬のほか、天敵の寄生バチを生物農薬として積極的に用いている。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コナジラミの関連キーワード頭虱木虱床虱人虱トコジラミ(床虱)オンシツコナジラミアオキコナジラミイチゴコナジラミタバココナジラミミカンコナジラミ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コナジラミの関連情報