コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コニカミノルタホールディングス KONICA MINOLTA HOLDINGS, INC.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コニカミノルタホールディングス
KONICA MINOLTA HOLDINGS, INC.

情報機器,光学機器,医療機器などの事業会社を傘下に収める持株会社。1873年東京麹町の小西屋六兵衛店が写真機械などの輸入販売を開始し,1921年合資会社小西六本店に改組。1936年株式会社小西六本店が設立され,翌 1937年に合資会社を吸収して小西六に改称。1943年に小西六写真工業,1987年にはコニカに改称。2003年持株会社に移行したのち,ミノルタと経営統合して現社名となった。カメラや写真用フィルムの製造を手がけていたが,2006年にカメラ事業から撤退。デジタル一眼レフカメラに関する事業はソニーに引き継がれた。2007年には写真事業からも撤退した。事業内容は複合機プリンタなどの情報機器,光ディスク用レンズなどの光学機器,医療機器,計測機器などの製造・販売。近年は発光ダイオード(LED)や有機EL照明などの事業にも注力する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コニカミノルタホールディングスの関連キーワードコニカミノルタホールディングス(株)ミノルタ[株]コニカミノルタコニカ[株]精密機械工業ソニー[株]光学機械工業

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android