コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コバネガ(小翅蛾) コバネガ

1件 の用語解説(コバネガ(小翅蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コバネガ【コバネガ(小翅蛾)】

鱗翅目コバネガ科Micropterigidaeの昆虫の総称。すべて昼間活動する微小なガ。鱗翅目のなかでもっとも原始的な形態をもち,学者によっては別の目とすることもある。鱗翅目の1亜目としても別の目としても学名はZeuglopteraが使用される。コウモリガ科などと同様に,前・後翅の形と脈相がほぼ等しいばかりでなく,この科だけは大あごが発達していてそしゃく口をもっている。他の鱗翅目の口器は口吻(こうふん),あるいは舌と呼ばれる細長い管状の吸収口に進化しているので,コバネガはこの点きわめて原始的といえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コバネガ(小翅蛾)の関連キーワード鱗翅類蝙蝠蛾小蜂小羽根小羽根釘束ね髪衝羽根樫発条定数刈りばね小判虫

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone