コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼニゴケ

百科事典マイペディアの解説

ゼニゴケ

ゼニゴケ科のコケ植物苔(たい)類。北半球に広く分布し,人家近くのやや陰湿な土壌などに群生する。体は扁平な葉状体で,濃緑〜淡緑色,表面にはやや不明瞭な六角形の区画をもつ。
→関連項目コケ(苔)植物

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゼニゴケ【Marchantia polymorpha L.】

ゼニゴケ科の苔類で,コケ植物の中で多方面にわたって最も詳しく研究され,世界各国の植物学の教科書などで苔類の代表種として扱われている(イラスト)。世界に広く分布し,日本でも各地のやや陰湿な土上に生育するが,とくに庭,畑,溝など人為的な環境に多い。植物体は葉状で叉(さ)状に分岐し,長さ3~10cm,幅8~15mm,やや黒みをおびた緑色,辺縁は細かく波状に縮む。葉状体の内部構造は複雑で同化組織には気室という間隙(かんげき)があり,気室は気室孔という穴を通じて外界と連絡し,気室の中には緑色の細胞が不規則に配列している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼニゴケ
ぜにごけ / 銭苔・地銭苔
[学]Marchantia polymorpha L.

コケ植物ゼニゴケ科の1種。植物体は平らな葉状体で、幅1センチメートル内外、長さ5センチメートル内外になり、湿った土の上に横にはって群生する。濃緑色で二叉(にさ)状に1~2回分かれる。葉状体表面には多数の六角形の区画があり、この中央に灰白色の点状になった気室孔がある。葉状体腹面には多数の灰白色の仮根があり、仮根の細胞には大小の突起が内側に向けて出ている。雌雄異株。雄器托(たく)は高さ2センチメートル内外の柄(え)をもち、円盤状。雌器托は高さ5センチメートル内外の柄をもち、掌状に分かれる。胞子体は雌器托の下面につくられ、熟すと黄褐色となる。葉状体表面に盃(はい)状の無性芽器(盃状体)がつくられることが多く、このなかに多数の濃緑色の無性芽ができる。無性芽は湿った地上に落ち、成長してゼニゴケの体をつくる。ほとんど全世界的に分布し、日本でも各地にごく普通にみられる。無性芽による繁殖力が強いため、園芸家の間では他の植物を枯らすとして嫌われている。
 なお、コケ植物のなかで葉状体となるものを一般的にゼニゴケという場合がある。このときにはゼニゴケ科以外にジャゴケ科、ミカヅキゼニゴケ科、ミズゼニゴケ科その他が含まれるが、葉状体の形態、繁殖法などは、それぞれで著しく異なる。[井上 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゼニゴケの関連キーワードムラサキミズゼニゴケマキノゴケ(牧野苔)ミカヅキゼニゴケゼニゴケ(銭苔)コケ(苔)植物ウスバゼニゴケシャクシゴケ細葉水銭苔ゼニゴケ類ケゼニゴケシダ植物田中卓志無性生殖ジャゴケ二翅銭苔大山莞爾造精器遺存種無性芽コケ類

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゼニゴケの関連情報