コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマチアイト komatiite

岩石学辞典の解説

コマチアイト

超マフィック質の火山岩で枕状熔岩あるいは塊状の熔岩として産出する.18%以上のMgOを含んでいる.この岩石は長石を欠いており,Mg-橄欖(かんらん)石と単斜輝石の結晶に富み,これらは再結晶化したガラス中に包まれている.一般に橄欖石は完全に蛇紋石化している.特徴的なスピニフェックス(spinifex)組織を示すのが普通である.スピニフェックス組織とは,長く伸びた橄欖石と輝石の結晶が平行で放射状に配列した組織をいう.この組織は超マフィック質のマグマからの急速な結晶作用を示すと考えられている[Viljoen & Viljoen : 1969].南アフリカ,トランスヴァールのコマチ(Komati)川に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コマチアイト【komatiite】

超塩基性噴出岩の一種。カンラン石がスピニフェクス組織(スピニフェクスspinifexとはオーストラリア産の鋭い葉をもつ草)を示すのが特徴。南アフリカ共和国のバーバトン山地の始生代の岩層から最初に発見され,同山地南部を流れるコマティ川にちなんでこの名称がつけられた。典型的なものはMgOを20%以上含有する。石基自体が超塩基性の組成を有し,超塩基性マグマが噴出して生成したものと考えられる。南アフリカ共和国のほか,ジンバブウェ,オーストラリア,カナダなどの始生代岩層中に見いだされており,枕状溶岩として産することもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコマチアイトの言及

【超マフィック岩】より

…しかし例外もあり,パイロクシナイトや多くのエクロジャイトなどは超マフィックであるが,SiO2が45重量%以上で超塩基性ではない。おもなものは,カンラン岩,パイロクシナイト,コートランダイト,エクロジャイト,キンバーライト,コマチアイトなどで,カンラン岩とパイロクシナイトは,カンラン石と斜方輝石と単斜輝石の量比により,図のように分類されている。カンラン岩が変質してできた蛇紋岩も超マフィック岩に含まれる。…

※「コマチアイト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コマチアイトの関連キーワードスピニフエックス組織超マフィック岩塩基性岩

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android