コラナ(英語表記)Khorana, Har Gobind

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コラナ
Khorana, Har Gobind

[生]1922?.1.9. インド,ライプル
[没]2011.11.9. アメリカ合衆国,マサチューセッツ,コンコルド
インド生まれのアメリカ合衆国の生化学者。パンジャブ大学で化学を学び,1948年イギリスのリバプール大学で博士号を取得。1951年ケンブリッジ大学のアレクサンダー・R.トッドのもとで核酸の研究を始めた。その後スイス工科大学,1952~59年カナダのブリティシュコロンビア大学,1960~70年アメリカのウィスコンシン大学,1971~2007年マサチューセッツ工科大学で教授職を務めた。その間の 1966年にアメリカ市民権を取得。遺伝情報発現の機構を研究し,メッセンジャーRNA合成,それを用いた無細胞系の実験を行なって遺伝暗号解読に成功。デオキシリボ核酸 DNA分子で,隣り合って並んでいる 3個の塩基が 1個のアミノ酸を決定するという方式で,DNAが蛋白質の構造を決めることを解明した。さらに,塩基のさまざまな組み合わせが,それぞれどのアミノ酸に対応するかも明らかにした。この功績により,マーシャル・W.ニレンバーグ,ロバート・W.ホリーとともに,1968年ノーベル生理学・医学賞を受賞した。1968年ラスカー賞,1987年ナショナル・メダル・オブ・サイエンスを授与された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コラナ

米国の生化学者。インドに生まれ,パンジャーブ大学,英国のリバプール大学を卒業。1960年より米国ウィスコンシン大学教授。塩基配列の定まった人工RNAの合成に成功し,その後tRNA,DNAの合成にも成功し,遺伝暗号の解明に貢献した。1968年ノーベル生理医学賞。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

コラナ【Har Gobind Khorana】

1922~ ) アメリカの生化学者。インド生まれ。塩基配列の決まった人工 RNA 、人工 DNA の合成に初めて成功、遺伝情報の解読に貢献。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android