コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コラナ コラナ Khorana, Har Gobind

4件 の用語解説(コラナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コラナ
コラナ
Khorana, Har Gobind

[生]1922?.1.9. インドライプル
[没]2011.11.9. アメリカ合衆国マサチューセッツコンコルド
インド生まれのアメリカ合衆国の生化学者。パンジャブ大学で化学を学び,1948年イギリスリバプール大学で博士号を取得。1951年ケンブリッジ大学アレクサンダー・R.トッドのもとで核酸の研究を始めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コラナ

米国の生化学者。インドに生まれ,パンジャーブ大学,英国のリバプール大学を卒業。1960年より米国ウィスコンシン大学教授。塩基配列の定まった人工RNAの合成に成功し,その後tRNADNAの合成にも成功し,遺伝暗号の解明に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

コラナ【Har Gobind Khorana】

1922~ ) アメリカの生化学者。インド生まれ。塩基配列の決まった人工 RNA 、人工 DNA の合成に初めて成功、遺伝情報の解読に貢献。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コラナ
こらな

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コラナの関連キーワードコマンドラインブランド・ラインエンドライングラインドブラインドサイドブラインドテストラインドライブブラインドデートブラインドサイト/盲点縦型ブラインド

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コラナの関連情報